トップへ戻る

女性の下ネタは何でもアリ?

女性の下ネタは何でもアリ?

女性の下ネタは何でもアリ?

『女性が下ネタを言うこと』これって基本的には大歓迎されることなのですが、
それならば『どんな下ネタでもいいのか』というのが議論になるところでしょう。

例えば、男性の体などをストレートに表現したりするのなら、それはかなり勇気のいる下ネタとなりますが、
そんなものにも男性は引かないで興奮するのか?
これは理解しておく必要があります。『どこまでがOKか』これは女性の年齢が大きく関係します。

例えば、10歳代から20歳代前半の女性ならば、基本的にはどんな下ネタを言ってもアリです。
その年代の女性ならば、はっきり言ってレベルの低い下ネタであっても男性は興奮しますし、ストレートな表現でも何でも良いと思うもの。

スポンサーリンク


それよりも『下ネタを言う』ということを男性は評価しますので、若い女性に関しては、思いついたことを何でも口にしてしまっていいでしょう。
一方で、それ以降の年齢の女性ならばどうなのか?『下ネタ』というのは、基本的には何歳になっても盛り上がれる話題ですから、
言わないことは大きな損失です。

ですが、20歳代も半ばになったのならば、そろそろ大人の女を意識する年齢ですから、
そんな女性がストレートな下ネタを言ってしまうようならば、それは幼いですし、痛い女になってしまいます。
大人の女には、大人だからこそできる下ネタ、これが条件になります。

大人の下ネタとは、『ストレートな表現は避けながらも、それを想像させること』つまりはたとえ上手だったり、
雰囲気の作り方が上手いということです。
単純な会話の中で、いかに男性をその気にさせることができるか、これが大人の女です。

若い女性の下ネタが『単純に盛り上がれる話』ならば、大人の女の下ネタは『男性がこの女を手に入れたい』と思う内容。
ですので、性を想像させるようなものであること、現実味のあるもの、これらが重要となりますので、
それなりの年齢になったら下ネタのレベルを、『心の叫び』から『誘惑』に変化させてみましょう。


下ネタを言う女って、決して悪いものではありません。女性だって、恥じらいを捨ててしまえば楽になる訳ですし、
その方が男性からも人気が出ます。

また、普段は下ネタを言っていたとしても、『本当はどうなのか』ここを男性は見ますから、それがマイナス評価になることなどないのです。
それよりも、『下ネタも言えない女』『下ネタに反応できない女』というのは嫌われるものです。
男女関係は楽しめることが前提ですから、女性も曝け出すようにして、楽しむ時は思いっきり楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6