トップへ戻る

女はアクセサリー

女はアクセサリー

女はアクセサリー

男性にとって女性とはアクセサリーなんです。従って、男性に多くを求めると嫌われるので注意しましょう。
アクセサリーって、『着飾るからこそ意味がある』というものであり、『本人よりも目立ったら邪魔なだけ』というのが基本ですよね。
つまりは引き立て役な訳で、基本的には持ち物なんです。男性は女性を、そんな『持ち物』だと思っているのです。

ですので、その女性が『もっと愛して欲しい』とか『好きじゃないでしょ』『デートが足りない!』などのように、
余計なことを言ってきたのなら、アクセサリーとしての役割を果たしておらず、単なる荷物となってしまいます。

スポンサーリンク


よく言われることが『かまって女は面倒くさい』ではないでしょうか?
男性って、交際が成立するまで、もしくは肉体関係を持つまでは頑張っても、それ以降は急激に相手にしなくなりますよね。
これって当然手に入ったからなのですが、要するに『商品を買った』ということです。

どれだけ欲しいアクセサリーであっても、買うまでは金を貯めたりして頑張りますが、
買ってしまえば定期的にメンテナンスをする程度であり、買う前ほどの欲求を持たなくなるでしょう。

『肉体関係を持った』これがまさにその『買った』という瞬間であり、手に入ったからこそ安泰であり、
その後のケアなど、男性の頭の中にはないのです。

しかし女性は、『交際が始まってから・肉体関係を持ってからこそ大事にされたい』と考えてしまうため、
そこで男性との間にズレが生じるのです。

ですので、良好な関係を築きたいと思うのならば、男性は変わることがありませんから、女性が変わるべきです。
女性自身も、『肉体関係を持ったら安定期』と考えるようにして、その後は『肉体関係を楽しむ仲』これを理解して、
関係を持つ時に会う、それ以外は連絡を取らない、これに徹するようにしていれば良い関係になりますので、
男性の心理を理解して、面倒くさい女にはならないようにしましょう。


『男性にとって女性はアクセサリー』女性としては納得いかないかもしれませんが、実はこのくらいの関係の方が上手くいくのです。
『女性が男性を追いかける』こんな関係の方が継続し、そのまま結婚もあり得ます。
あまりに女々しい男だと、結婚しても上手くはいきません、そもそもそうなる前に、交際に限界が来てダメになります。

アクセサリーって殆どの場合、一生大切にするでしょう?
表現は悪いかも知れませんが、人間扱いされるよりも、高価なアクセサリーとなった方が得なのです。
ですので、その辺は感情で捉えるのではなく冷静に判断し、どちらの方が良いかを考えてみましょう。
ダイヤモンド級の女性になれたのならば、捨てられることはありませんので、そんな女を目指すことがお勧めです。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6