トップへ戻る

胸を出していいのは何歳まで?

胸を出していいのは何歳まで?

胸を出していいのは何歳まで?

女性が胸を出していいのは何歳までか?女性が露出するということは非常に大切なことですが、それでも、当然年齢制限はありますよね。
何歳とは言いませんが、誰がどう見ても『おばさん』という女性が、20歳の女性がするような格好をしていたのなら、周囲は不快に思うでしょう。
男性は、『女性が胸を露出すること』これが好きですが、これにも当然年齢制限があるのです。

若い頃ならば、胸元が大きく開いた服を着るなどして、普通にしていても見えそうな服を着てしまうことも全然アリな訳ですが、
それも年を取ったらNGとなります。
こういうのって、外見が重要ではありますが、それでも、『20歳代後半』この年齢に差し掛かったら止めるべきです。

スポンサーリンク


20歳代後半になっても、『簡単に見えてしまうような服装』これをしていると、周囲に不快な印象を与える可能性があります。
このくらいの年齢の女性だと、『私は今まで男どもに見られてきた』という実績があるため、
『何歳になってもまだまだイケる』と勘違いしてしまう傾向が強いのです。

その結果『痛いおばさん』になってしまい、30歳代になっても大胆な露出を止めることができず、
既に公害となっていることにも気付けずに、
周囲の不快な視線でさえも『やっぱり私はまだまだイケている』『またいい女として見られた』と大きな勘違いをしてしまうのです。

こうなってしまったら人間として終わりでしょう。
このタイプって同性からも嫌われるタイプですし、そもそも、30歳代の女性がそんな服装をしていたら、正直きついです。

30歳代って、男女どちらも肌を露出してはならない年齢のはず。
従って、どれだけ自信があっても露出しないことが大人の女であり、肌を見せなくてもいい女でいられることこそが、本当の実力です。
何歳になっても露出しなければ自信が持てないというのは、ダメな女の証拠。
露出が必要な女性というのは、10歳代から20歳代半ばくらいまでの、いわゆる若い女性です。

そのくらいの年齢ならば、胸や脚をどれだけ露出してもひんしゅくを買うことはありませんし、
むしろ出さないことがひんしゅくですから、『若いうちは積極的に露出する』『それ以降になったら露出はしない』これを心掛けて、
周囲への配慮も考えましょう。


20歳代後半からは、大人の女として、『肉体関係前提』という付き合いをするべきです。
つまり、『男性と出会ったら先ず関係を持つ』という方法を取ること。

若い頃だと、すぐに肉体関係ってなかなか難しいでしょう。
しかし、経験豊富になったその年齢ならば、大した問題ではないはず。
つまり、見た目ではなく実戦で勝負するのです。男性を満足させられるだけの女だと分れば、それなりの需要があります。
『性を楽しめる女性』こんな女性がモテますから、それを目指して技術を身に着けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6