トップへ戻る

男は女に対し理性的ではない

男は女に対し理性的ではない

男は女に対し理性的ではない

女性の場合、『職場などでは好きな人を作らない』などのように、理性で気持ちをコントロールし、
感情をシャットダウンすることができるでしょう。
もちろん、『そんなことできない』という女性も多いでしょうが、『できる』という女性もまた多いはず。

男女ではここが大きな違いなのですが、女性の場合、『恋愛モードになる場所』と『そうではない場所』の区別をつける傾向が強く、
そのため職場という働く環境においては、恋に落ちにくいという特徴があるのです。
従って、『職場の男性から言寄られる』これがあっても単純に迷惑であり、『自分のことを好きになってくれた』これを素直に喜ぶことなどできず、
むしろ、『仕事以外で話しかけないでくれ』と思う女性も多いでしょう。

スポンサーリンク


一方男性の場合、職場で異性に対し『仕事以外で話しかけないでくれ』これは基本的にはあり得ません。
男性というのは、『どんな時でも異性は異性・性欲全開』これが基本になります。
そのため、そこが職場であっても『常に女性を求めている』こんな傾向が強いのです。

女性の中には『私に興味を示さないのは仕事にしか興味がないからかな』と考える女性もいるでしょうが、そうではないのです。
それは単純に『あなたに興味がない』というだけのこと。

男性の基準は『美人かブスか』いつでもこれになりますから、その女性が美人だったのならば、どんなに仕事が忙しくても時間を作りますし、
むしろ自分から誘ってでも食事などをしたいと思うのが男性です。
ですので、そういう意味では、男性は女性に対し理性などないという考え方が成り立ちますので、
『男性が言寄るかどうかは女性の実力』と判断しましょう。

ただし職場の場合、理性は無くても冷静なのが男性です。そのため相手は選びます。
男性はいつでも自分最優先ですから、それが崩される女とは関わらないのです。
従って、『マイナスの影響を与える女』こういうものとは関わりません。

例えば、否定的な女であったり、欲求が強く面倒くさい女などは対象外となるもの。
男性の仕事を純粋に応援できる女性であり、なおかつ、仕事への理解があってそれを邪魔しない女性でないと交際対象外となりますので、
そこは理解しましょう。


女性というのは男性の行動を深読みし過ぎるのです。男性は単純に『いい女だったら誘う』『ブスなら誘わない』というだけのこと。
外見も性格もよければどれだけ忙しくても、どんな環境におかれていても誘うのが男性なのです。
そこを捉え違えているといつまで経っても進歩がありません。
誘われるためには何が必要か、これを考えるようにして、自分を磨きましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6