トップへ戻る

下着を見られた時の対処とは

下着を見られた時の対処とは

下着を見られた時の対処とは

男性に下着を見られた時、女性は『恥ずかしい』と思い必死に隠しますよね。
しかし、隠すなど不要ですし、その慌ててスカートなどを押える行為の方がよほど見っとも無いですから、
普段から『見られても良い下着』これを心掛けましょう。

『スカートを押さえる行為が見っとも無い』これが分からない女性もいるでしょうし、『男の単なる願望』と勘違いする女性もいるでしょう。
しかし、人が慌てている姿って見っとも無いとは思いませんか?

明らかに慌てていて『私今一杯です』と言わんばかりの状況の時って、周囲は冷静にそれを捉えてしまうものですから、
より一層見っとも無く見えるのです。
それが『スカートを押さえる』という行為だった場合、とても未熟な女に見えてしまうのです。

例えば、誰でも良いのであなたが思う絶世の美女や超いい女を想像してみて下さい。
その様なセクシーな女性が、下着が見えてしまっているからと『慌ててスカートを押さえる』ということをするイメージがあるでしょうか?
むしろセクシーで美人な女性って『下着が見えている』ということが分かりながらも、落ち着いて対応できる女性だとは思いませんか?
そのため、ある程度見えてしまうことは周囲へのサービスであり、そんな落ち着いた姿にまた、ファンが増えるというものです。

スポンサーリンク


いい女とブスの違いってこういうところにあります。
下着が見えたでもそうですし、
『恥ずかしい』と感じることが起こった時に『必死になってしまうのかどうか』これによってその女性の価値が決まります。

『美人は焦らない』これは絶対条件ですから、
例えば友人男性の視線が下の方に釘付けになっていたのなら『見えてる?』と言えるくらいの自信と落ち着きを持って、
男を翻弄できる女性になりましょう。

下着を見られる機会など、生きていればいくらでもあるものです。
『私はスカートは穿かない』という女性ならば、見られているという自覚はないでしょう。
それでも、男性はパンツスタイルの女性の下着も見ているものですから、『見られない人生』これってないのです。

むしろ見られない女性とは『ブスとデブ』これになりますから、見られた方が価値があると判断するべき。
例えば風邪でスカートがめくれた時、目の前の男性が手で顔を覆ったのなら、それはそれでショックでしょう。
『私の下着はそんなに見苦しいか?』と思うのでは。

『見られたくない』とは思いながらも、無意識には無関心にされると『何で見ないの?』と思うもの。
ですので、見られる女になって、それなりの対応を心掛けましょう。


女性だって、『下着くらい』ではないでしょうか?恥ずかしい気持ちはあるでしょうが、それ以外にはないでしょう。
だからこそ対応力が大切です。焦らない女になって魅力を高めましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6