トップへ戻る

ボディータッチに抵抗を持たないこと

ボディータッチに抵抗を持たないこと

ボディータッチに抵抗を持たないこと

女性に大切なことは『男性からのボディータッチに抵抗を持たない』ということです。
『男性から触られる』これに抵抗を持っている女性は少なくないでしょうが、そんなことを言っていると『男女』としての距離が縮まらないため、
『ボディータッチありの関係を築く』これはとても大切なことなのです。

というのも、ボディータッチへの抵抗が無くなれば、それが日常的となりますから、そうなれば肉体関係を持つことも自然な流れとなるのです。
肉体関係というのは、『交際している男女がするもの』と捉えられがちですが実際はそうではなく、
近年ではコミュニケーションが苦手な現代人のツールとして活用されています。

つまりは『親しくなるための挨拶として肉体関係が必要』という考え方がある訳で、
そのためにも、前段階である『ボディータッチ』は絶対条件となるのです。

例えば、友達男性や知人男性というのがいると思います。近年ならば『異性の友達などいない』という女性も多いでしょうが、
それでも、職場の同僚などならばいるのではないでしょうか。
その様な人間達と『自然なボディータッチができること』これは重要になります。

スポンサーリンク


例えば、『職場関係者と深い仲ではないにしても、手を繋ぐことができる』『抱擁くらいは日常的にある』
『男性に抱き締められても気にならない』『テンションによっては、キスをされたり胸を触られることだって全然あり』などのように、
これらを『コミュニケーション』と捉えることが大切であり、自分から進んで男性に触れてみたり、
『男性に触れる・触れられる』これへの抵抗を無くすことが、何より重要になってくるのです。

近年の男女は、とにかく恋愛下手ですから、恋愛が下手ならば、恋愛以外の部分で男女が積極的に深くかかわる必要があります。
むしろ現在は、恋愛にもいろいろな形がありますから、『恋』これに拘らなくても全然良いのです。
気が合う異性の友達と、あくまで友達という関係でありながら、肉体関係を楽しんでみたり、こんな仲も全然アリです。

要するに、『その二人が楽しければ愛情や形に拘ることはない』これが新しい恋愛の常識ですから、
『こうしなければダメ』と考えるのではなく、難しい恋愛のルールなど無視して、最も重要な部分である『異性と肌を合わせる』ということ。
これのみを意識して、親しい関係になりましょう。


男女って、スキンシップがあった方が確実に親密になるのです。
何度会っても会話ばかりの男女と、1度しかあっていないけれど、その1度で手を繋ぎ抱き締めあった男女ならば、
次会った時には関係を持つことが多くなります。

男女関係は、友達でも何でも、ステップアップしなければなりません。
現状維持で停滞してしまったらつまらないだけですから、興奮する関係に発展するように、ボディータッチへの抵抗を無くしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6