トップへ戻る

男性の家に泊まるのなら

男性の家に泊まるのなら

男性の家に泊まるのなら

『終電がなくなったから近くの男性の家に泊めてもらう』という女性もいるでしょう。
またその際に、完全に宿泊目的のみであり、つまりは『利用』これしか考えていない女性も多いですよね。

一般的には『泊まるのなら肉体関係を持つ』これがマナーであり常識なのですが、
それを知っていても、『男性を利用してしまえ』という女性は後を絶たず、『やらせずに泊まるだけ泊まる』という悪質なケースが多いでしょう。

このような女性の手口とは、
男性に連絡をする際には『終電がなくなってしまい、今日泊めてもらえませんか?』などのように相手にお願いし、
男性の性欲を刺激しておきながら、男性の家についた途端、男性をほぼ無視する状態で、淡々と寝る準備を進めるといいます。

当然、こんな女性ばかりではなく、ちゃんと『宿泊料』として肉体関係を持つ女性の方が圧倒的に多いのでしょうが、
このような悪質な女性になってしまった際には、男性には恨まれますし、またその場で仕打ちを受けることもありますので注意しましょう。

スポンサーリンク


男性としては、女性にその気がないと分った途端態度を変えるものですし、
そもそも女性が泊まりに来た時点で、『一緒にベッドで寝るか、床でそのまま寝るか』という選択をさせるものです。


つまり、『ベッド以外には布団も毛布もない状態』また当然、女性にベッドを譲るなどはするはずもなく、
ベッドで寝たいのならば一緒に寝るしかないとなり、それならば、女性も宿泊料を支払うことになるのが自然の流れとなります。

一方で、『床で良い』とそれを選択する女性もいるのかもしれませんが、床というのは寝づらいだけではなく、
年間を通して虫がうろついているものです。民家によくいる徘徊性の蜘蛛などは越冬しますから、その場所としてはやはり家の中になるはず。
そうなれば、深夜就寝中に体の上を蜘蛛が動き回るということもある訳で、『床の上で寝る』これが現実的ではないことは、十分に分かるでしょう。

ですので、『男性の家に泊まるとはどういうことか』これを十分に理解した上で、男性に頼むことを考えるべきです。
また女性によっては『女性にベッドを譲ることが常識』と考えている人もいるようですが、そんな常識はありません。

むしろ常識的に考えれば、『その家の主が優先』これになります。
従って、『快適な環境で泊めてもらいたいと思うのなら、それなりの対価を支払うこと』これが当たり前ですから、
女性が男性の家に泊めてもらうのなら『宿泊料』つまり、肉体関係を持って謝礼する、これがマナーになることを忘れないようにしましょう。


女性が考えていることは『女性は優遇されるべき』という根底があるように捉えられますが、それはおかしいでしょう。特に近年は男女平等です。
従って、全てにおいて男女が平等なのですから、『女性が優遇』などという考え方はないのです。
男性から恨まれる女になったら人生が終わりだと思いましょう。『泊めてもらうのならマナーを守る』これに徹すれば大丈夫ですから、
礼節を大切にすることです。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6