トップへ戻る

恋愛は対等であること

恋愛は対等であること

恋愛は対等であること

  『対等な関係を作ること』これが恋愛では大切です。
  交際をすると、たいていの場合が『どちらかが追いかけどちらかが追われる』
  という関係になりがちなものでしょう。

  しかし、そうなってしまうとストレスのある恋愛となるため、
  その関係は続かない可能性が高まるのです。

  しかも、追われている側の人間は、自分が追われていることも分からず、
  また相手の心理状態にも気づくことができないため、
  どんどん相手を追い込むことにもなってしまいます。

  その結果、交際相手としては追いかけるばかりの苦しい恋愛となり、
  『どうすれば自分のことを好きになってくれるか』や『いつになったら安泰するか』
  といった事ばかりを考えてしまい、全く交際を楽しむことができずに終わってしまうのです。

  これは、追う側追われる側どちらが悪いという訳ではありません。
  ただし『相手のことを考えているか』これは問題になります。


  相手のことを考えていれば、相手が負担になるような行動は控えるはず。これが一般的な考え方でしょう。
  交際相手を苦しめて楽しいもうとする人間などいないでしょうし、
  いたとしたらそれは愛ではないはずです。

  ですので、相手のことを考えて、心理的に対等な関係を築こうと努力しているか、これは重要です。
  相手が苦しそうだったのなら、そのためにできることはないかと考えるなり、

  そういう気遣いができないのならば、恋愛などするべきではないので、
  そこは考え方を変えてみることも大切な選択となります。

スポンサーリンク


  【対等な恋愛にするためには】
  対等な恋愛をするためには『それぞれがお互いの幸せを考えること』これが大切になります。

  これさえできていれば、心理的な関係性も常に対等になりますので、
  どちらか一方が苦しむということはなくなります。

  それぞれがお互いの幸せを考えるとは、相手の喜びを自分のことのように喜べるということですから、
  これは本当に愛していないとできないこと。

  どうでもいい人になど、そんなことで時間も体力も使えないのが普通でしょうし、
  何より自分が最優先になるのが普通でしょう。

  普通ならば『その人のことを考える時間やそのためにかける時間がもったいない』と避けることなのに、
  そうではなく『それこそ自分の幸せだ』と思えること。
  それが『それぞれがお互いの幸せを考える』ということです。

  交際をしていると、どうしても自分最優先になりがちで、
  何よりも『自分がして欲しい』となるものですが、
  相手に与えることをせずに、一方的に求めるばかりの欲求は単なる自己愛です。


  自分が可愛いだけであり、何より大切なものは自分という考え方ですから、
  それでは恋愛すべきではないのです。

  『相手のことを考えた対等な恋愛』これを心掛けて、
  ドラマのような大人の恋愛ができるようになりましょう。


  ドラマや映画で演じられる恋愛って、大人っぽいとは思いませんか?
  あれは、恋愛の理想を描いているからなのです。

  また、『お互いが想い合う』ということを忠実に表現しているとも言えます。
  現実ではなかなか難しいところもありますが、自分が心掛けることで相手も変わります。

  何よりも、相手を幸せにしたいと思う気持ちが大切ですから、
  それを忘れないようにして良い恋愛をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6