トップへ戻る

付き合うという概念は消える

付き合うという概念は消える

付き合うという概念は消える

現在の日本には、『今日これからの時点で恋人として付き合う』という恋愛の方式がありますね。
男女どちらかが好きな相手に告白をして、OKを貰えた場合には『その日から交際成立』というもの。
これが、『付き合うという概念』でしょう。

日本の場合、伝統的にこんなスタイルが取られてきた訳ですが、実はこの『付き合う』欧米諸国ではない国も多く、
『何となく一緒にいる』ということが一般的なところもたくさんあるのです。
また近年の日本は、男女平等化や恋愛氷河期時代への突入、さらには、男性の恋愛離れなどが加速しているため、
『恋愛の変革期』であることは間違いありません。

そのため、この付き合うというスタイルも、消滅すると考えることができるのです。
現在の日本人は『より自由を』これを求める傾向があるのです。
というのも、『交際は縛られることが前提』『ストーカー問題などへの発展』などがあり、
そして何より、男女どちらもが『一人でも不自由なく生きていける社会』これが確立したため、だからこそより自由を求めるようになったのです。

従来までのように『助け合わなければ生きていけない』という時代は終焉し、これからは一生個人が自己を主張していける時代です。
そんな時代に変わりつつあるからこそ、『恋愛』これも変化を迎えている訳であり、だからこそ付き合うという概念もなくなろうとしているのです。
そんな中で、今後日本で新しく流行るスタイルとしては、欧米諸国などの『何となく一緒にいる』このスタイルになると考えられます。

スポンサーリンク


日本版では、近年のコミュニケーション能力の欠如から考えても
『肉体関係を持った上で、良いと思ったら継続。違うと思ったら終わり』こんな関係になると言えるでしょう。
またこれからの日本では、『一人に拘らない』これが基本になるはずです。

特定の誰かに拘って、それを生涯のパートナーにするのではなく、『気が合うパートナーを複数持つ』こんな時代となるはず。
要するに『肉体関係があり、性格や考え方が一致するようなパートナーを複数持つ時代』こうなるということです。
これって、男女どちらにとっても自由を追求した結果でしょう。
 これならば、結婚しなくても寂しさはありませんし、子供が欲しいと思うのならば、その中の誰かと作ればいいとなります。

愛情と一人のパートナーに拘って生きてしまうと、いつか突然『無』に襲われることになりますが、
男女どちらも求め合える相手を複数所有しておくことができたのなら、まず『無』という寂しさに襲われることはありません。
また女性が子供を持ったとしても、『育児で人生が終わってしまう』『子供が生まれたら女は卒業』これらもないはず。

複数の男性と常時関係を持っているのなら、子供の有無に関わらず、いつでも求められますし、
さらには、子供が生まれて経済的に苦しいと感じたのならば、補助してくれる相手も見つかるかもしれません。

これはつまり、従来までは『男女1対1で家族となった』という形が、
これからは『男女複数対複数で家族となり、その複数で助け合う』という理想的な状態なのです。

例えば、5人のパートナーがいる女性ならば、その5人から援助してもらえる訳ですし、
また男性も、他の男性から女性を紹介してもらうこともできます。

感情のない付き合いであればこれは可能なのです。
交際という概念が無くなれば、現在日本で起こっている多くの問題が解決されますので、
異性に対する考え方を変えて、新しい時代に備えましょう。


これからは、『肉体関係』これが基準になります。肉体関係を持ってみることから全てが始まる訳ですから、
そこへの柔軟性は大切です。

現在のままでは、恋愛がダメになる一方ですが、個人それぞれが意識を変えることで新しい形がスタートします。
『特定の恋人』という考え方から、『肉体関係ありのパートナー』という捉え方に、気持ちを入れ替えてみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6