トップへ戻る

肉体関係とは遊びである

肉体関係とは遊びである

肉体関係とは遊びである

肉体関係を持つこととは、遊びなんです。
男性はこの考え方を理解できており、『真剣に女性と肉体関係を結ぶ』などそもそも考えていないものです。

男性の場合、『気持ち良ければいい』『楽しめればいい』という考え方を持っていますから、基本的に肉体関係は遊びであり、
また愛情の有無など関係ないのです。

だからこそ男性は『質より量』と考えるところがあり、
『とにかく大勢の女性と関係を持ちたい』『多少は劣っても、許容範囲内であるのなら、取りあえずしておきたい』
という考え方にもなっていくのです。

スポンサーリンク


一方の女性は、『好きな人と関係を持ちたい』このように考える人が多いのではないでしょうか?
『好きな人とさえできればいい。そのため、許容範囲の男性としたい訳ではなく、好きな男性としたい』と考えるもの。

一般的には、『肉体関係に対し、女性の方がリスクが高い』と考えられているでしょう。
しかし実際のリスク量は、男女それほど変わるものではなく、子供などができてしまったのならば、
男性にだって精神的・経済的な負担があります。

ですので、『リスク』という意味ではどちらも同じなのです。このように、肉体関係に対しては、基本的には条件は同じであると考えるべきです。
従って、好きに拘ってしまうのではなく、『肉体関係は遊び』という考え方を身につけて楽しんだ方が、
どんな結果になっても得であると考えることができます。

これらを踏まえた上で、女性が肉体関係を遊びとして楽しむとは、『積極的になる』ということです。
例えば、『男性の家に遊びに行く』『男性の家に誘われた』という機会があった時、『行くのを躊躇う』という女性も多いのではないでしょうか?

女性の中には、『そこまで親しくない男性と二人きりになるのはどうか』このように考えるでしょう。
しかし、それが『遊びを理解していない』ということになるのです。

『肉体関係は遊びの一種』これを完全に理解できているのなら、そこで躊躇ったりなどしないはず。
その男性が生理的に受け付けない相手ではない限り、考えたりなどしないでOKするでしょうし、
そもそも、無理な相手ならば『家に誘われる』という状況になどならないでしょう。

つまりは『するか無理か』このどちらかしかないということです。
『純粋な友達』という考え方はなく、食事をしたりすることと同じように、肉体関係も楽しむ、これが『遊びである』という考え方。

肉体関係というと、どうしても
『交際している男女がするもの』と誤解されますが、決してそうではなく、本来は『男女が楽しんでするもの』ですから、
交際や気持ちの有無、こんなものは関係ないのです。
ですので、それを理解するようにして、本当の意味で男性と楽しめるように、楽しさを追求しましょう。


例えば男友達の家に遊びに行ったとき、ちょっと良い雰囲気になったのなら、そのまましてしまうのは当然でしょう。
またそれだけではなく、『冗談半分にしてしまう』これもアリなのです。
じゃれ合った勢いでそのままするような、こんな関係もまた魅力的でしょう。
捉え方次第で全てが変わります。まずは唇を合わせるなどして、スキンシップを計りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6