トップへ戻る

男女が一緒に風呂に入ることの重要性

男女が一緒に風呂に入ることの重要性

男女が一緒に風呂に入ることの重要性

男女が一緒に風呂に入るとは、恋愛感情のある男女に限ったことではなく、どんな男女がしても不思議ではないことなのです。
一緒に風呂に入ってしまえば一気に打ち解けることができるため、これはまさに『男女が仲良くなるための魔法』といってもいいくらい、
効率的で合理的な、友達作りの方法と言えるのです。

例えば、『この男性と友達になりたいな』と感じたのならば、『一緒にお風呂に入りませんか』と誘ってみることです。
おかしな誘い方ともとれるかもしれませんが、女性からそんな誘いを受けたのならば殆どの男性は断りませんし、
それで断られたのならば、全ての可能性がゼロということです。

また逆に言えば『風呂がOKならば友達もOKであり、またカップルに昇格する可能性も持っている』ということ。
つまり男女で風呂に入るとは、従来までは食事に行ったり遊びに行ったりしてお互いを探っていたことを、
『入浴』というほんの1時間程度で知ってしまおうという、新感覚の恋愛の法則なのです。

風呂に入れれば、相手の全てが分かるでしょう。
スタイルはもちろん、仮面の下に隠れた本性、また性格の細かいところも見えてきますし、大事な部分も当然わかります。
これらの情報が簡単に入手できる訳ですから、誘わない手はないはず。

スポンサーリンク


実際に、男性にはそのようなサービスをしてくれる場所がある訳ですが、やはり1時間程度という時間で打ち解けてしまうものです。
知らないで良いことは知らないでいいし、知りたいことは知ることができる。
これが入浴ですから、積極的に男性を、『自宅・ホテル・旅行』などに誘い出し、『共に入浴』これをするようにしましょう。

またこの時に大切なことは、『相手の体を洗ってあげる』『一緒に湯船に浸かる』『水着はつけない』ということ。
体はお互いに洗い合うことで、スキンシップが計れます。
人間というのは、スキンシップの有無によって大きく変わるもので、せっかく一緒に風呂に入るのなら、
また裸の付き合いをするのなら、それはするべきでしょう。

また、一緒に湯船に浸かるということも大切。浴槽という限られた空間の中で、お互いに見つめ合い、またあらゆる情報を入手して、
さらには、『そのまましてしまう』というのも一つです。
だからこそ、水着を付けたりはしないことが絶対条件となる訳で、何よりも、『どうなってもいい間柄』これを目指すようにしましょう。


従来までならば、一緒に風呂に入ることって、恋人同士だけの考え方でしたね。
しかし近年の場合、『恋人』という概念が崩れ出してきているため、
だからこそ、『友達という状態で親しくなる』ということが求められているのです。

よくよく考えれば、恋人と友達の違いも曖昧なところのはず。またどちらの方が楽しくいられる関係かと考えれば、友達ではないでしょうか?
そう考えれば、『感情なしで肉体関係を持てる男性がいること』これも一つのはずです。

恋愛感情、これはあらゆる状況で自分の邪魔をします。
『友達男性と一緒に風呂に入る』これは、人生を楽しむための一つの方法ですから、どんな生き方が楽しいかを考えて、実行してみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6