トップへ戻る

男にとって女は食べ物である

男にとって女は食べ物である

男にとって女は食べ物である

男性の性欲と食欲というのは非常に似ているところがあるもので、そのことからも『女は食べ物である』と考えても良いくらい、
『性欲=食欲』となるのです。

例えば、『ラーメン』という食べ物がありますが、『安くて旨い』これが特徴でしょう。
大衆的な食べ物の代表といってもいいくらい、現在では多くのラーメン屋があるもの。

このラーメンのような女というのもモテる女の要素の一つであり、その理由が『金がかからないで食える』というもの。
決して高級な女ではないが、安いし旨いというのは大きなメリットで、
これは『ただでやれる女でありながら、そこそこ外見も良い』ということでしょう。

スポンサーリンク


このように、女性というのはいつでも食べ物に例えることができるのです。
また、その食べ物の価値や値段によって、『その男性がどう見ているか』というのが分かるものです。

例えば、『あなたはコンビニのおにぎりレベルの人だ』と言われたら、はっきり言ってそこまで食べたいとは思わないということ。
一方で『高級レストランのステーキのよう』と言われたのなら、かなり評価が高いと言えるでしょう。

ですので、男性と出会った際には『私を食べ物に例えたら何ですか?』と尋ねてみること、これが重要になります。
男性の性欲は食欲と連動していますから、その時目の前の女性と猛烈にやりたいのならば、『とにかく食べたいもの』を挙げるでしょうし、
そこまでではないと感じているのなら、『コンビニおにぎり』のように、何もない時に食べるようなものを例に挙げるはずです。

女性は、『食べ物に例えられること』これに抵抗を持っているかもしれません。
しかしこれは、男性の本心を知るためにも大切な作業となるのです。


もちろん、男性というのはその女性と肉体関係を持ってみないと本心など分からないものですが、
それでも、『食べ物に例える』これを参考にすることは重要ですから、
『自分は男性にとってどんな食べ物なのか』これに関しては積極的に知るようにして、
現状で『自分が必要とされていない』と感じた際には、少しでもグレードアップできるように、
取りあえず肉体関係を持つようにして、男性にとって必要な存在になりましょう。


食べ物にも、『なくてはならない存在』と『たまに食べたいもの』というのがあると思います。
重要なのは、『たまに食べたいもの』になることです。なくてはならない存在になると単なる義務となりますから、それは避けるべき。

一方でたまに食べたい場合、それはたいてい高級な食べ物であることを意味します。
その様な食べ物って飽きませんよね?たまに食べるからこそ飽きないのです。
そのため『特定の恋人』になるのではなく、『たまに肉体関係を持つ仲』こんな形になることがお勧めです。

そうなれば飽きられることもなく、定期的に肉体関係を楽しむという良い関係が築けますので、
『たまに食べたい』これを目指して自分を磨きましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6