トップへ戻る

男にとって女は車と同じ

男にとって女は車と同じ

男にとって女は車と同じ

男性にとって女性って、車と同じなのです。これはよく例えられることですが、
一般的なたとえでいくと『男性経験がない女性=新車』『男性経験アリ=中古』『既婚者・バツイチ・子持ち=廃車』となります。

このように男性は、女性を車に例えて考えることが多い訳で、こうすれば、女性の価値って一目瞭然でしょう。
新車というのが最も価値が高い訳であり、また女性というのも、多くの男性からは『男性経験がない女が良い』とされてきましたから、
新車レベルの女性こそが最高峰なのです。

そして、一度でも男性を経験すると中古となり、一気に値が下がります。
当然のことながら、既婚・バツイチ・子持ち、これは既に使えないレベル『廃車』という状態。
しかしこの常識は、女性を車に例えた場合の大枠に過ぎず、また近年では、この常識が変わりつつもあるのです。

スポンサーリンク


というのも、近年は恋愛の常識が激変している時代です。結婚が当たり前ではなくなり、生涯独身など珍しくない時代。
そうなれば、男女どちらもが求めるものは結婚相手ではなく、人生を共に過ごすパートナーとなります。
『パートナー選び』このような視点で考えた場合、相手を選ぶ基準って『新車かどうか』ではなくなるのです。

新車の場合、どうしても初期費用がかかりますよね。
中古車の倍以上することも珍しくない訳で、『車など何でも良い』という人からすれば、新車って割高な買い物なのです。
しかし『一生乗るんだ』というつもりで買うのなら、新車は決して高い買い物ではないはずです。
しかし近年は、上述した通り『一生乗る・つまりは、結婚する』という時代ではありません。
そうなれば求められるのは、少額の費用で楽しめる『中古車』となるのです。

これをストレートに表現すると『男性経験がない女は肉体関係を持つまでに時間がかかるが、経験済みの女ならばすぐにやれる』
こういうことになります。


結婚することが当たり前ではなくなった現在だからこそ、このような考え方が出てきた訳であり、
『複数所有すること』これも人生の楽しみとなっているのです。

結婚してしまえば、一人に決めなければならないという苦しいルールがありますが、
独身ならば、自分次第で何人の女性がいてもいいもの。だからこそ男性は、結婚などせずに『中古』という女性を複数所有し、
肉体関係を楽しむということになるのです。


ただし、燃費が悪い女性は新車・中古に関わらず、相手にされません。
女性における燃費とは『金がかかる』ということ。近年のような低燃費の時代では、人間にも低燃費が求められます。
そのため、物欲が強い女だったり、何かと金がかかる女というのは対象外なのです。
このような女は遊び相手にもなりませんので注意しましょう。

また、『燃費が悪い』にはもう一つあり、『肉体関係を持つまでに時間かかる』これもそれにあたります。
燃費最悪の女といったら、金がかかる上になかなかやらせない女です。
この2013年現在では、その様な女性には誰も金をかけませんので、自分の立場をわきまえて、低燃費な女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6