トップへ戻る

異性同士の方が親友になれる?

異性同士の方が親友になれる?

異性同士の方が親友になれる?

『親友』というと、同性の方がなりやすいと考えることが一般的ですよね。
というのもそれは、幼少期の経験から考えれば、『異性と仲良くすることはタブーなこと』のような暗黙のルールがあったからではないでしょうか?
学校の外では性別に関係なく遊ぶことができても、クラスの中では、男子は男子でつるみ、女子は女子で仲良くするというのが基本だったはず。

この流れが、大人になるまで続くからこそ『親友というのは同性となるもの』という誤った認識を持ってしまう訳であり、
『男女の友情はあり得ない?』という議論に発展するなど、『男女』という壁を壊すことができなくなったりもするのです。

しかし、どちらの方が親友になれるかというと、実は『男と女』この方が親友になれるのです。
というのも、世の中では、男女という関係の方が圧倒的に継続する訳であり、男と女であるのなら、
一緒に暮らしたとしても、ずっとうまくやっていけたりもするのです。これには、もちろん愛があるからという考え方もあるでしょう。

スポンサーリンク


しかしそれだけではなく、同性同士というのは常に競い合うようにできているため、だからこそ男女の方が親友になれる訳であり、
『親友を作るのならば男性と』この考え方は重要になります。

では、どのようにすれば男性と親友になれるのかということですが。まずは、一般的な友人関係を築くことです。
一般的な友人関係とは薄い関係であり、飲みに行ったり遊んだりなど、いわゆる当たり障りのない関係。
このような関係を築いておくことが大切であり、男性と親友になることとは、そこから発展していくことなのです。

異性の親友というのは、『恋人以上の関係であること』これが理想となります。
『恋人には相談できないことでも親友には話せる』こんな状態が理想なのです。

ですので、『そのような状態を作るためにはどうするべきか』と考えることが大切になりますが、
男性というのは、『肉体関係を持つことによって本音が話せる』こんな部分があるのです。
従って、親友になりたいと思う男性とは、体の関係を持ってしまうこと、これが大切になります。

体の関係を持つことによって、本当の意味での打ち解けた関係になることができるもの。だからこそ、『親友』という状態になれるのです。
それが無ければ、『この男性は親友だ』と思っている異性がいても、心の奥底では何を考えているかは分からないでしょう。

さらには、肉体関係を持ってしまいさえすれば、何でも話せる仲になることができます。
肉体関係があり、さらには愛情がない友達という状態だからこそ話せること、これはたくさんありますし、大きなメリットもあるはずです。
ですので、男性と親友になりたいと思うのならば、まずは肉体関係を持つようにしましょう。


男性というのは肉体関係前後で別人のように変わるものです。
恋人も、関係の有無によって変わるものではないでしょうか?これはマイナスな訳ではなく、『それが男性の本性』と捉えるべき。
だからこそ、肉体関係がある友達というのは貴重なのです。男性の本音が聞けるわけで、色々な意味で楽しい友達となるでしょう。

相手が友達ならば、性に関する質問もしやすいはず。
異性の友達を持つことにはメリットが多いですから、積極的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6