トップへ戻る

好きではない男性と関係を持つこと

好きではない男性と関係を持つこと

好きではない男性と関係を持つこと

『好きではない男性と関係を持てるか』これ次第で、女性の価値は大きく変わってきます。
『好きな男性としか関係は持てない』これからの時代、このような女性は必要とされず、また取り残されることとなります。

というのも、男性は恋愛に興味を示さなくなってきていますから、『好きという特定の男性にしか抱かれない』こんな女性、
売れ残るだけの運命に決まっています。男性が恋愛に興味がない以上、『何になら興味があるか』これを考える必要があります。

男性というのは、恋愛には興味が無くても、性欲が無くなることはないのです。
ですので、『肉体関係を持つ』これに関しては積極的ですから、女性も積極的になることが大切であり、
だからこそ『好きではない男性と関係を持つ』これが重要になるのです。

好きではない男性と関係を持つこと、これが可能になったのならば、人間関係の領域ってものすごく広がりますし、
また、何より男女関係が柔軟になりますよね。

スポンサーリンク


今までは『交際』という大きな基準があって、それを前提にしなければ肉体関係も何もなかったわけですが、
これからは、好きでなくても関係を持つことができるのですから、
そうなれば、『お互いに、純粋に楽しむために体を合わせる』ということが可能になります。

これは画期的な考え方であり、従来までならば、友達と恋人とでは明らかな違いがあり、
また『友達には話せても恋人には話せない』という難しい状況もありましたが、
今後は、その友達と肉体関係を持つことになるため、その様な問題の全てが解決されるのです。

例えば悩み事などがあり男性に相談する際も『取りあえず関係を持ってからにしようか』ということが可能になり、
それをすれば男性も、より親身になって話を聞くことができますし、また女性も『体の関係があったからこそ話せること』というのがあるはず。

このように、『好きに捉われずに関係を持つ』これには大きなメリットがあり、人間関係を飛躍的に進歩させます。
ですので、男性と出会ったのならば取りあえず関係を持つようにして、十分に信頼関係を築いてから相談なり遊ぶなりする。
つまりは、『肉体関係をお互いを知るためのツールとして活用する』こんな捉え方が大切ですから、どんな男性とでも関係を持って、
相手を知ってみましょう。


理想としては、『友達になりたいな』と感じたら、どちらからでも『関係を持ちませんか?』と気軽に言える世の中になることです。
お茶でもしませんか?と言うことと同じような感覚で関係を持てれば、そのまま多くの情報を得ることができます。
肉体関係からは、会話などとは比較にならないほどの本心を知ることができますので、男性と出会ったらするようにして、
相手の本音を探りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6