トップへ戻る

男性に『違った』と言われない方法

男性に『違った』と言われない方法

男性に『違った』と言われない方法

男性のことを好きになって付き合って、付き合ってからもその男性を信用するまでには時間がかかり、
やっと信用できたという状態で初めて肉体関係を持った後の彼氏からの一言『ごめん、違ったわ』
恋愛をしていると、こんなこともよくあるでしょう。

このような状況に陥ると、女性としては『今までの時間は何だったの?』『裏切られた』という気持ちになるはず。
確かに、女性の立場で考えれば『裏切られた』でいいと思います。
一方的な女性目線で見た場合、また女の子同士でこの彼氏について話し合った場合、『体目当てでとにかく酷い彼氏』ではないでしょうか?

散々時間をかけて付き合って、また関係を持つ前にも好きだと言っていたのに…。
女性だって、『好きだ』この言葉を信用したからこそ心も体の許したはず。
だからこそ、『女性目線で言えば』男性の違ったは『酷い男』となるはず。

スポンサーリンク


しかしこの『違った』男性目線で見た場合、『ある意味当然』という結果なのです。
なぜなら、男性ってじらされればじらされるほど、自分の気持ちが愛情なのか性欲なのかが分からなくなります。
また男性は、無意識にそれを愛情だと思い込もうとするのです。
そのため、男性自身も関係を持つ前までは『自分はこの女が好きだ』と思い込んでいるもの。

だからこそ、好きだという言葉がある訳で、女性もそれに信用してしまうのでしょう。
しかし実際は、『ただやりたいだけ』ということなどよくあることです。
上述したように愛情なのか性欲なのか、自分でも分からないのですから、仕方のないことです。
ですので男性の場合『肉体関係を持ってみて、始めて自分の気持ちが分かる』これが正しい答えなのです。

そのため、『違った』というのは正直な気持ちであり、また女性に対する優しさでもあります。
仮にも、『違うな』と感じながらも嘘をついて付き合ったのならば、それこそ罪深い行為でしょう。
それならば『違った』の一言であっても、正直に気持ちを伝えた方がいい訳ですし、その一瞬は傷ついても、まだ立ち慣れるはずです。

そもそも、違ったと言われないためには、『交際前に肉体関係を持つ』これが大切になります。
もうお分かりかも知れませんが、男性はじらされると自分の気持ちが分からなくなるわけですから、
それならば、じらしたりせずに、『先ずは肉体関係』としてしまうことでこの問題を解決できます。

つまりは、女性自身も男性のことを好きになる前に肉体関係を持ってしまい、それによって結果を見てみるのです。
関係後に、それでも男性が連絡をしてくるようならば脈アリ、そこで途絶えたのならば終わりということ。
これならば、実にシンプルで分かり易く、且つ、誰も傷つかないで良い方法となります。
『気持ちが育ってから重大なことをするから傷つく』これを肝に銘じて、順序を変えてみましょう。


女性の場合、肉体関係に慎重になり過ぎです。楽しむという考え方が重要ですから、捉え方を変えてみましょう。
『肉体関係は楽しいこと』こう考えられれば全てが変わります。
好きな人とするものという考え方から、『誰とでも楽しむもの』これに変えてみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6