トップへ戻る

肉体関係はお互いの審査

肉体関係はお互いの審査

肉体関係はお互いの審査

交際をする上では、『肉体関係』これをどう捉えるかが重要になってきます。
それによって、『未来のある恋愛』つまりは結婚に至る交際となるか、または、『一時的な交際』要するに感情だけに従ってしてしまう、
リスクの高い交際となるかが別れるのです。

『肉体関係は本当に好きな男性とのみするもの』このような考え方の女性って、『一時的な交際』になることが多いものです。
というのも、完全に気持ちが出来上がってから肉体関係を持つことになるため、そうなれば、『違った』ということもある訳であり、
さらには、『合わない』というリスクもあります。肉体関係というのは交際をする上でとても重要ですから、
それも知らないで付き合ってしまうって危険な行為なのです。

スポンサーリンク


だからこそ、交際をしても結婚に至るカップルの方が少ない訳であり、『どのタイミングで肉体関係を持つか』これは何より大切になってきます。
『肉体関係はお互いを判断する審査である』このような考え方を持つことが大切です。
つまりは、『この男性は付き合える対象か』これを見極めるために食事なりデートなりをする訳ですが、
その一つに『肉体関係』という項目を含めることが重要ということ。

例えば、初デートの後には肉体関係を持ってみる、さらに2回目のデートの後にも肉体関係とするようにして、
要するに、『交際してから体験すること』この全てを事前に経験しておくのです。

それによって、『付き合っても良いか』これを判断すればよい訳ですから、
こうすれば『違った』『合わなかった』ということを事前に見抜けますし、
また、『体目当ての男性』こんなタイプも、交際する前に見抜くことができるようになります。

女性としては、『男は体さえ手に入ればよい。だから、交際前に肉体関係を持つなどあり得ない』と思うでしょう。
しかし、男性というのはそうではありません。

男性は『肉体関係を持ってから』なのです。
つまり、男性こそが、『肉体関係を持ってみないと好きかどうかが判断できない』と感じており、
そのため、交際してから肉体関係を持つという形だと、結果的に女性を傷つけることも多々あるため、そんな不幸な結末を避けるためにも、
『肉体関係はお互いの審査』という考え方を持って、『事前に関係を持つ』ということが望まれるのです。


例えば、本当に好きになって付き合った彼氏と初めて関係を持った後、『ごめん、違った』と言われたらショックなのでは?
それならば、好きになる前に肉体関係を持ってしまい、それで終わりにした方がまだいいでしょう。

事前に肉体関係を持つことのメリットは様々ありますが、これは女性を守るためのものです。
女性は『こんなの男の勝手な都合だ』と言うでしょう。

しかし男性に言わせれば『デートは男が奢るべきと思っている女』この方が余程女の勝手な都合です。
男性だって、散々金をかけてやって何の見返りもなかったら腹が立つのですから、
そうならないためにも、またお互いのためにも、事前に関係を持つようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6