トップへ戻る

Cは貧乳である

Cは貧乳である

Cは貧乳である

女性の中には『Cは貧乳ではない』と勘違いしている人がいますが、Cというのは確実に貧乳ですのでそれを理解しましょう。
『なぜCが貧乳か』これって単純な理由ですが、『見た目が小さいから』なのです。
胸のサイズを『小さい・普通・大きい・特大』に分けるとしたら、A〜Cは見た目に小さいと感じるサイズです。

確かに、日本人の標準で考えればA〜Fくらいが多いところでしょう。
そうなれば、Cというのは中間に位置するサイズであるため『貧乳ではない』と反発する女性もいるはず。
しかし、『貧乳かどうか』ってそうではなく、『実際の見た目』なのです。
実際に見て触って、それによって小さいか大きいかを判断するのが正しい判定ですから、
そうなれば、多くの男性が『Cは小さい』と判断するはず。

スポンサーリンク


というのも、FやGの胸を扱ったことがある男性からすれば、Cって決して普通ではないサイズなのです。
むしろ男性に言わせれば、『FやGでも決して大きいとは思わないサイズ』となります。

女性の胸というのは本来大きいことが当たり前であり、そう考えればFやGが普通サイズとなります。
要するに、一人前に揉めるサイズが普通サイズであり、それ以下のサイズというのは、男性に言わせれば一くくりに『小さい』となるのです。

また『大きい』と感じるサイズというのは『H〜』というところ。
つまりは、日本人の中では極めて稀なサイズであるのなら、滅多に扱うことがありませんから、
そんなサイズであれば男性は大きいと感じる訳で、結論としてCは貧乳となります。

それでも『AやBと一緒にしたくない』と言うのなら、A・Bが極小、Cが小さいと分けるべきでしょう。
(男性としては、どう考えても同じ扱いだ(笑)となってしまいますが)


Cを普通サイズとして認めることはできませんが、A・Bのランクを下げることならば可能ですので、
その結果、Cのランクを上げることができます。

ただし、何度も言うように『脱いだ時にどうか』『触った時にどうか』これが大切ですから、
『貧乳ではない』などという、惨めな抵抗は止めましょう。

男性はどうせ大きな胸が好きですし、そう考えれば、A〜Cはどれも同じようなものです。
ですので、貧乳の女性は胸で誘惑するのではなく、それがない分その他の部分を磨くようにして、巨乳にはない魅力を身に着けましょう。


男性が女性に巨乳を求めることは、肉体関係を楽しむということだけではないのです。
それ以上に『見た目の問題』ということがあります。胸が大きい方が女性らしく、連れて歩く女としても価値が高まります。

男性は、『自分はこれだけいい女を連れて歩いている』という自慢をしたいものです。
そのため、『Cは貧乳ではない』などという、下らないことに拘っているような女はNGです。
男性から必要とされたいのならば魅力があることが大前提ですから、どんな胸でも自信を持って、とにかく男性に積極的になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6