トップへ戻る

依存恋愛から抜け出す方法

依存恋愛から抜け出す方法

依存恋愛から抜け出す方法

  『依存恋愛をしてしまうこと』自分でもダメだと思っていても、
  恋愛をするとどうしても依存恋愛になってしまうという女性も多いのでは?

  依存恋愛の場合、とにかく彼氏を求めてしまうことが特徴であり、
  どんな状態になっても満たされることはないでしょう。

  例えば、デートで彼が優しかったのならば、その時は一時的に満たされるのでしょうが、
  一人になればまた寂しいと感じ、悪い方へと考えていくのが依存恋愛の特徴でしょう。

  従って、依存恋愛をしてしまうと、一方的に求めるばかりになるため、
  いつまで経っても心が安らぐ時がないはずなのです。

  このような時に、『私を幸せにできない彼氏が悪い』と考えてしまうと、
  相手を変えても依存恋愛を繰り返すことになります。


  それでは、自分が変われないことの原因を何かのせいにしている訳ですから、
  依存恋愛から抜け出せるはずもありません。

  ですので、依存恋愛から抜け出したいと思うのなら、相手ではなく自分に原因があると考えることが大切です。
  自分の恋愛スタイルや生活習慣、それらに原因があるからこそ依存恋愛になってしまう。
  そうやって考えていくことが抜け出すことの第一歩ですから、まずは考え方を変えてみましょう。

スポンサーリンク


  【依存恋愛から抜け出す方法】
  依存恋愛から抜け出すためには、『彼氏がいないとダメ』という自分の弱さを変えることが大切です。
  『彼氏がいないとダメ』『何でも彼氏に頼る』これは弱さですよね?

  これが当然のことだと思ってしまうようでは、依存恋愛から抜け出すことはできません。
  ですので、まずは弱さであると認めること。

  女性の場合、『女は男に頼るもの』と思い込んでいる人もいますが、そうではありません。
  男性だって、そんな考え方の持ち主が相手ならば、助けることはしないでしょう。

  自分の力で頑張っている女性だからこそ、男性は助けたいと思うのです。
  この考え方は大切ですから、
  『出来ることは自分でする、男性は女性を助けるためにいる訳ではない』これを理解しましょう。

  ・自分のための人生を生きる
  依存恋愛というのは、『誰かに依存して生きる』という訳ですから、
  極論すれば『自分の人生を生きていない人』です。
  自分の人生を生きているのなら、人は関係なく、一人でも楽しめるはず。

  しかし依存している場合、その人がいるからこそ楽しい、生きられると感じるため、
  『その人あっての人生』なのです。
  ですので、それを変えることが依存恋愛から抜け出す方法になります。

  依存している限り、その人に捨てられたらそれで方向を失います。
  ですので、一つの恋愛が終わっても、人生が止まらないで済むように、
  自分で楽しめるようにしておきましょう。

  これは、交際中から心がけておくべきことです。
  『彼氏だけにならないこと』これが大切ですから、彼氏以外にもやるべきことを作るのです。

  趣味でも仕事でも、彼氏以外に熱中できるものを始めることが依存恋愛から抜け出す方法になりますので、
  『彼氏と会っている時間がもったいない』と思えるほどに嵌れるものを見つけて、
  依存恋愛から抜け出せるようにしましょう。


  依存恋愛から抜け出すためには、思い切った行動が大切です。
  自分自身で変わろうと努力しない限り、依存恋愛から抜け出すことはできません。

  依存恋愛には未来がありませんので、どこかで行動することが大切です。
  全てが自分のためですから、新しいことを始めて見ましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6