トップへ戻る

男に見られることを楽しむこと

男に見られることを楽しむこと

男に見られることを楽しむこと

『男に見られることを楽しめるかどうか』これはとても大切になります。
女性の中には『男性の視線が不快だ』という人もいるようですが、このような女性は年齢に関わらず、『女としてまだまだ』というもの。

自分では『モテている』と感じていても、実際には大した女ではなく、レベルの低い女だからこそ『見られることが不快だ』このように思うのです。
実際にいい女というのは男性が見た際にも微笑み返す女であり、反対にそうでない女はあからさまに不快そうな顔をするものです。
このようなところで、女のレベルや価値というのが表れますので、『女は男に見られてこそが価値がある』これを理解するようにしましょう。

女性だって、イケメンがいたらついつい見てしまうのではないでしょうか?
またイケメンに限って、爽やかな笑顔で視線に応えてくれたりするのでは?
男性も『イケメンは女性から見られることを楽しむ』『ブサイクは女子から見られることを不快に思っている』こんな事実があります。

その理由というのは、イケメンというのは『なぜ女性が自分を見てきているのか』これを理解しているからです。
つまり、『自分がいい男だから見られている』これを分っているのです。
そのため、女性の視線というのは全てが自分へのエネルギーであるため、不快だなどと思うはずがなく、
『今日もイケメンとして見られてしまった』くらいにしか思わないのです。

スポンサーリンク


一方ブサイクの場合、女性の視線というのは『自分を侮辱している』このように捉えます。
『ブサイクだからバカにして見ているんだ』このようにしか捉えられないのです。

実際がどうであっても、ブサイクというのは長年の劣等感から、『自分に向けられるエネルギーは全てマイナス』と捉える傾向があるため、
たとえ女性が『あの人格好良い』と思ってみたとしても『バカにしやがって』くらいにしか受け止めることができません。

つまりこの心理は、そのまま女性に当て嵌まるということです。
男性から見られることが嫌いな女性はブスだったり、または自分に自信がない女性。
一方の男性の視線に笑顔で返せる女性というのは『自分は美人だ』と自覚している女性となります。

従って、『男性に見られることを楽しめない』これって可哀相なことです。
ブスならば仕方のないことですが、普通に考えれば『いい女だから男が見てくる』と捉えることが普通であるため、
自分がいい女だと思うのならば、男性の視線を積極的に捉えられるようにして、前向きな対応を心掛けましょう。


『男性から見られること』これをプラスに捉えられる女性は確実にモテます。
『視線が迷惑だ』こんな風に捉えてしまったら終わりですし、そんな立場にはありませんのでそれをわきまえるようにして、
見られる女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6