トップへ戻る

見えそうで見えないとは

見えそうで見えないとは

見えそうで見えないとは

『見えそうで見えない』これは男性を射止めるために重要なテクニックとなる訳ですが、
にも関わらず、できていない女性が多いことが現状なのです。

この『見えそうで見えない』ができるかどうかで、『男性にとってその女性が魅力的かどうか』これが全く異なります。
例えば、露出ゼロの女性と露出が多い女性とでは、顔に関わらず多い女性の方がモテる訳で、
男性ってどうしても『見えそうで見えない』という効果に弱いのです。

男性が見たいのは『胸・脚・下着』これになります。従って、ここを重点的に露出したり、ここが見えそうな服装を心掛けることです。
例えば胸に関しては、『前屈みになったら見える』これは基本中の基本です。
男性というのは『最初から見えている』これにはあまり興味がありません。

グラビアアイドルなどは水着になるものですが、水着というのは最初から見えていますし、
また水着は公のものであるためそそられないのです。

スポンサーリンク


大切なことは『隠れているものが見える』ということですから、普通の姿勢の時には『見えそう』を意識し、少しでも角度が変わったら、
胸や下着が見えるような服装、これが理想ということになります。

これは、スカートに関しても言えることです。
スカートというのは、立っている時と座っている時とで長さが変わりますが、どちらも大切になります。

立っている時に見せたいのならば、『風が吹いたら下着が見えそうなくらいに短いスカート』だったり
『少しの動作で見えてしまうくらいの長さ』という『とにかく短い』ということが大切になります。

一方座っている時の場合『太ももがどれだけ綺麗に見えるか』これが重要になりますので、ただ短ければ良いという訳でもないのです。
例えば、スリットスカートなどは男性から好まれるものとなりますし、また脚を組んだ時に太ももが綺麗に見えたりもします。

他にも、膝丈のミニスカートならば、座った時には下着が見えそうになるという誘惑的な角度を作れますので、
それもまた男性にとっては魅力的なのです。
このように、いかにして見えそうで見えないを作るかというのが大切ですから、『男性が何を見たいか』これを理解しましょう。


NGなのは、谷間防止カバーなどの使用です。これを使ってしまうと『魅力ゼロの女』になってしまいます。
男性としては、『自分に自信がないから防止カバーを使っている』と捉えますし、
そんなことをするくらいならば見えない服を選べばいいと思うのです。
男性も、そんなことをしている女の胸など見ませんし、そもそも魅力を感じません。

また、座った時にスカートの上にハンカチを置く女も同様です。
このような行為は、あからさまでむしろ厭らしいので、防止カバーを使用したり、ハンカチで隠したりなどは一切せず、
それでも『見えそうで見えない』という状況を作れるように、服装や角度を研究しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6