トップへ戻る

男を楽しむという考え方

男を楽しむという考え方

男を楽しむという考え方

日本の女性は『お淑やかに』というのが遺伝的な女性像であるため、『性を楽しむ』『男性を楽しむ』という考え方がないでしょう。
しかし、恋愛観念が目まぐるしく変化する昨今においては、女性にも男性を楽しむという考え方を持つことが大切になってきます。

『男性を楽しむ』というと、軽い女と捉えられるというイメージがあることからも嫌悪する女性が多いでしょう。
確かに男性としても『あからさまに男好きな女』というものに対しては、否定的な考え方を持っています。

しかし『男好きな女』と『男を楽しむ女』というのはそもそも捉え方が違うものであり、『男好き』というのは根っからの性質であり、
言ってみれば『誰彼構わず男であるのならば試してみたい』こんな女性のことを言います。
つまり、『許容範囲の男だ』と感じたら、すぐに性を想像し、興味を持ってしまうような女性のことです。

スポンサーリンク


一方で、『男を楽しむ女』というのは『メリハリがある女』ということです。
要するに、肉体関係を楽しむべき時には思いっきり楽しんで、そうでない時にはしっかり貞操観念を持っている、こんな女性のことを言います。

状況に応じてオン・オフを切り替えられると言いますか、ある意味では『大胆な女性』というもの。
だからこそ、『する時にはする』と考えられ、自分も楽しむことができるという女性なのです。

日本の女性は、『パートナーとの行為に満たされないものを感じつつ、我慢してしまう』こんな人が多いでしょう。
しかし、そのままの状態を続けることは違うのでは?
男性としても『女性がもっと積極的になること』これには歓迎ですから、自分から男性を誘惑して関係を持つ、
このくらいのことができる女性になった方が、今後は上手くいくと考えられるのです。

例えば、『男性を楽しむ』という考え方を身に着けていれば、『好き』これに拘る必要もなくなるでしょう。
『外見で男性を判断し、気が合ったから関係を持ってしまう』こんなこともできるようになります。

欧米の映画ではそんなシーンがよくあるとは思いませんか?好き同士で関係を持つのではなく、
たまたま気が合ったから関係を持つということ。
このように、ある程度は楽しむということも重要ですから、性に対する考え方を見直して、人生を楽しめるようになりましょう。


欧米の女性って、日本の女性よりも大胆で、簡単に関係を持ってしまう印象があるでしょうが、それは『必要な知識もあるから』なのです。
つまり、関係を持つことのリスクもしっかり理解しているからこそ自分も楽しめるのです。

『リスクを知っているからこそ楽しめる』何をする上でもこれは基本です。
ですので、性に関しても十分な知識を身に着け、それを踏まえた上で男性を楽しめるように、色々工夫してみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6