トップへ戻る

仲が良ければ異性の友達でも何でもあり

仲が良ければ異性の友達でも何でもあり

仲が良ければ異性の友達でも何でもあり

仲が良いのなら、異性の友達でも『何をしてもアリ』このように考えることが賢い選択です。
例えば肉体関係を持ってしまうこと。これも正解です。

女性の場合、『肉体関係は恋人同士がすること』と捉えがちですし、
『友達という関係でしてしまったら、都合の良い女にされる』とも考えるでしょう。
しかし、実際にはそうではなく、むしろ、『お互いにしたいからする』このように捉えれば良いのです。
関係を持つことに女性は慎重すぎであり、また消極的でもあります。しかしそれは間違いであり、『積極性』というのは大切です。

友達と恋人、これに対した差などありませんし、何がきっかけでどんなことに発展するかも分からないものです。
例えば、親友としてとても気が合う男友達と肉体関係を楽しんでいる。
このような関係ならば、恋人とは違って感情がありませんから衝突もなく、むしろ理想的な恋愛ができるとも言えるのです。

そのため、『友達という距離感で恋愛する』という新しい形に発展させることもできますし、
一生体の関係がある友達のまま、お互いに求め合って生きていくことも可能です。

スポンサーリンク


現代人は、とにかく縛られることが嫌いなんです(2013年現在)『いつでも自由でいたい』これが現代人が求める理想ですから、
これからの時代、『恋人や結婚』という概念はなくなり、
『肉体関係なしの友達』か『肉体関係ありの友達』これに分かれてくるものと考えられます。
これは『体だけの関係』というものとは異なり、肉体関係ありの友達には信頼関係があります。

『交際や結婚はしないが、現状の友達という距離感でお互いに満足している』こんな考え方に信頼関係が築けるのです。
女性の場合は、『男性に養ってもらう』という考え方の人もまだまだいますから、『肉体関係ありの友達』これが理解できない人も多いでしょう。
しかしながら、時代は確実にこの方向に進んでいますし、何より、男性の考え方が『交際や結婚はもう古い』と思っていますから、
女性もそれに備えた方が、幸せになれると考えられます。


今後は『一人と真剣に付き合う』という時代ではなく、『複数対複数の関係を持つ』こんな時代になっていくはずです。
つまり、特定の恋人を持ったり結婚はしない訳ですから、基本的に男女どちらも肉体関係が自由となります。
そうなれば、一人の肉体関係ありの友達に拘るのではなく、そんな友達を双方共に増やすことになります。

また、これは恋愛ではなく友達ですから、『感情』というものが入りません。
だからこそ、『自分のパートナーを奪われた』という感覚に陥ることもなく、そもそも『奪う・奪われる』ということもなくなるのです。

『恋人』ではなく『友達』という考え方を持つだけでこれだけ自由な発想が持てます。
『縛られない・拘らない・自由が欲しい』これを追い求めた結果が『複数対複数』ですから、
そんな時代に備えて、美貌と経済力を身に着けておきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6