トップへ戻る

近年の男性が奢る基準とは

近年の男性が奢る基準とは

近年の男性が奢る基準とは

一昔前は、『男は無条件に女に奢る』そんな時代でしたね^^。
なんというか、それこそ男尊女卑の象徴のような時代だったわけですが、
近年は男女が平等であるため、『無条件に奢る』という誤った価値観を持った男性は、徐々に減りつつあるでしょう(2013年現在)

しかしながら、この『男女平等』という常識があるにも関わらず、依然『男性が女性に奢るべき』という風潮が恋愛ではあるものです。
男性としては『収入に差がないのだし、職場での身分も変わらないのだから、男が奢ることはおかしい』と考える訳ですが、
女性は都合の良いところで男尊女卑に戻りますから、デートなどに関しては『男がリードしろ』『奢れ』となるのです。

このような現状で、近年の男性が新たに考えた奢る基準というのが、『考え方が合うかどうか』これになるのです。
男性は、デートや食事をする中で『この女性は考え方が合うな』と思ったら奢り、
『合わない』と思ったら奢らずに自己負担や割り勘を選択するようになりました。
従って女性は、奢って欲しいと思うのならば男性の考え方に合わせることが大切ですので、それを理解しましょう。

スポンサーリンク


男性というのは、共通して『体の関係から始められるか』という考え方を持っています。
というのも男性は『散々金をかけてやったのに関係を持てない』これを避けたいのです。
そのため、『先ず関係を持つ、その上で交際するかどうかを決める』これを望んでいます。要するに『味見をしてから決める』ということです。
ですので女性は、これを受け入れる女になるのか?それとも、一切奢ってもらえない女になるのか?この判断を迫られているということです。

男性としてはどっちでもいいのです。そもそも恋愛にそこまで拘っていませんし、性欲というのはどうにでも解決できるものです。
つまりは、『立場としては男性が上にあるということ』これを理解しましょう。
選ぶ側にあるのは男性であって、女性はむしろ選んでいられない状態である、
これが分からないとこの先恋愛をすること自体厳しくなりますので、立場をわきまえるようにして、選んでもらえる女性になりましょう。


女性は『金をかけることが愛情』と捉えているようですが、そうではありません。
また『経済力を見せてくれないと将来のパートナーとして選べない』こんなことを言う女性もいるでしょう。

しかし男性は、交際をする時点で『将来』など考えていません。
取りあえずは目先のことしか考えていませんし、その時点で『結婚』などと言われたら、確実に男性の気持ちは幻滅します。

『自分に金をかけるかどうか』これによって男性を選べる時代は終わりました。
今後は、『選んでもらえるだけマシ』となりますから、考え方を入れ替えて、謙虚な恋愛を心掛けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6