トップへ戻る

交際に愛情は必要ない?

交際に愛情は必要ない?

交際に愛情は必要ない?

交際をする際には『好きになれるかどうか』これを基準にする人が多いでしょうし、特に女性の場合はそうなのではないでしょうか?
『好きな相手だからこそ心も体も許せる』これが当たり前であって、好きでもない人とは付き合ったりなどしない。
このように考える人が圧倒的に多いでしょう。

しかし、恋愛というのは考えようで、『愛情がない方が上手くいく』こんな捉え方もあるのです。
というのも、『愛情無しで一緒にいる状態』これならば『気が合うから一緒にいる』ということになります。

一方の好きだから一緒にいるという場合、気が合うとは限りませんし、『愛情だけはある』という関係であって、
『むしろその他の部分は最悪だ』これも十分にあり得るのです。

従って、交際をする際には『本気で好きになれる相手』と愛情を求めがちですが、
一つの考え方としては『愛情は必要なく、親友のように気が合う相手と付き合う』こんな方法もあるということです。

もちろん、親友のような存在といってもデートもすれば肉体関係ももつ訳であり、することは一般的なカップルと一切変わりません。
単純に『そこには愛情がない』というだけのこと。
このような交際のメリットとしては、『友達だからこそトラブルが少ない』ということです。

愛情がある交際の場合、どうしても嫉妬や衝突などが絶えず、会えば喧嘩という状態になることも多いもの。
しかし愛情がない関係ならば、基本的には友達ですからお互いに気を使うため、まずトラブルに発展することはありません。
ですので、『愛情で恋愛をすると上手くいかない』という人は、『こんな方法もある』ということを理解しましょう。

スポンサーリンク


【この恋愛の基本とは】
愛情が必要ない交際では、何を基準に相手を選ぶべきか?
それにはいくつかの条件がありますが、基本的には『外見が好みか』『一緒にいても不快にならない性格か』この二つを重視するべきです。

友達感覚で付き合うのならば、外見は絶対の条件となります。
愛情がない訳ですから、何で繋がるかといえば『外見が好みだ』という条件になります。

愛情で判断する場合には、『外見など関係ない』となることもありますが、
友達としての恋愛をする場合には、『外見が良くなければ意味がない』となるのが普通です。
ですので、本気でタイプだと思える人を選びましょう。

また、性格も重要です。『自分が疲れない相手』これが大切なのです。
性格が合うかどうかって、『話し易いこと』これで決まることが殆どでしょう。
話し易いと思える相手というのは一緒にいて疲れることがありませんから、そんな相手と交際をして、愛情がない恋愛を楽しみましょう。


『愛情がない恋愛』これも一つのスタイルです。
『好きじゃなきゃダメ』ということはありませんから、『居心地が良い』と思える相手とは一緒にいてみましょう。
交際の形には様々ありますし、正解はありません。
好きに捉われないで恋愛ができたら楽しいですから、自分の基準を変えて、楽しく恋愛しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6