トップへ戻る

遊ばれたかどうかは考え方次第

遊ばれたかどうかは考え方次第

遊ばれたかどうかは考え方次第

『数回の肉体関係で去っていく男性』このような男性と関わると『遊ばれた』と嘆く女性がいますよね?
しかし、遊ばれたかどうかって、はっきり言って考え方次第なのです。

女性自身が男性に対し本気だった場合、男性が関係後に去っていったのならば『遊ばれた』と思うのでしょうが、
そこで『体だけが目当てだった』と思うから遊ばれたと感じるのです。
むしろ『私の体はそれほど魅力的なんだ』と考えることができれば、遊ばれたなどと思うことはありません。

というのも、男性にも許容範囲がありますから、『どんな女性とでも関係を持てる』という訳ではなく、
一定レベルの女性としか関係は持てません。
従って、関係を持ったということは、それは『それなりの女』と認められたようなものです。

また、『付き合わなかったことが問題』と思う女性もいるでしょうが、それも考え方次第なのです。
そもそも、付き合うことだけが男女関係ではありません。
『付き合ったら本気』『付き合わなかったら遊び』とも限りませんし、『好きでもない女と何年も付き合う』こんな男性もいます。
つまり、『求められた』ということが重要な訳であって、大切なことは『その時楽しんだか』ということ。

スポンサーリンク


女性の場合、『体の関係を持ったら付き合うべき』という考え方を持っている人が多いため、
だからこそ、『遊ばれた』と感じてしまう訳ですが、そうではなく、純粋に『男性を楽しむ』と考えることができたのなら、
遊ばれたなどとは感じないはずです。

男性を楽しむとは、肉体関係だけではなく、男性と関わるということ全てを楽しむということです。
食事をしたり遊んだり、もちろん肉体関係を持つことも、それら全てを含めて楽しめたのならば、
数回の関係で男性が去っていっても『楽しかったから良い』と割り切ることができるのではないでしょうか?

『不完全燃焼』このような形で終わらせてしまうからこそ遊ばれたと感じるはず。
ですので、男性と出会った際にはしっかり楽しむようにして、男性がどんなスタイルの人であっても後悔しないように、
しっかり自分も満足しておきましょう。


男性に言わせれば、『遊ばれた』と騒ぐ女というのは程度の低い女です。
自分が楽しもうとしていないからこそそんな結果になる訳で、単純にそれを男性のせいにしているだけということ。

『1回関係を持ったら音信不通になった』これでも、自分が楽しんでいたら後悔はないはずです。
後になって騒ぐ女ほど価値がありませんから、肉体関係を楽しめる女性になれるよう、考え方を変えましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6