トップへ戻る

近年は男を選べない時代

近年は男を選べない時代

近年は男を選べない時代

一昔前ならば『多数の候補の中から最も条件の良い男性を選ぶ』これが当たり前だったでしょう。
例えば、『大手商社に勤める男性、医師、公務員、何年も交際している同級生』などのように、
常に女性の周りには自分を欲しがってくれる男性がいて、その全てと交際している訳ではないけれど、
『いつでも誰か一人を選べる状況』、そのため、『その中から最も良い男性を選んで結婚を決める』
これが一般的な女の恋愛だったのではないでしょうか?
要するに、それだけ男性が積極的だったということですし、完全に女性が選べる立場にいたという訳です。

しかし近年の場合、『女性が男性を選べる』既にこの図式は成り立たないでしょう(2013年現在)
むしろ、恋愛において選択権を持っているのは男性なのではないでしょうか?

例えば、
『複数の女性と肉体関係を持ってみて、またそのような関係を継続させて、最終的に最も良いと思った女性と交際なり結婚なりをする』これが、
近年では当たり前の恋愛の形なのです。

スポンサーリンク


これは『二股や三股』などのように、悪い評価を受けるものと誤解されがちですがそうではなく、単純に『男性に選択権がある』というだけのこと。
つまり、これからの時代は『男性が女性を選べる時代』ということなのです。

女性が選べる時代では、『経済力』これが最も重視されたのではないでしょうか?
男性の外見や性格面も重要だったでしょうが、それでも、結婚を考えた交際をするのなら、最終的には『経済力が大切』となったはず。
特に、その時代の女性は『男性に養ってもらう』『結婚して自分が楽をしたい』という考え方ですから、
男性の収入というのは極めて大切だったはず。

このように、選ぶ側には必ず重視するものがある訳ですが、
男性が選ぶ立場になった場合には『体の相性』これを重視することが一般的なのです。

近年の場合『付き合ってから関係を持つ』という時代ではありませんし、
むしろ男性は『相性が悪かったら付き合わない』という考え方を持っているため、『関係を持ってから決める』というのが基本になります。
そのため、『まずは関係を持ってみて、その上で交際を判断する』これが、選ぶ立場にある男性の考え方となるのです。

ですので、今後は肉体関係を拒んでしまうと100%交際の可能性が無くなりますし、
男性としては『この女は何を考えているんだろう…』となってしまいます。

女性としても『デートで奢らない男』これって意味が分からなかったのではないでしょうか?
いつの時代でも、『選ぶ立場の人間に合わせる』これは大切ですから、積極的に関係を持つようにして、選ばれる女性になりましょう。


『男を選べない時代』これを受け入れることが大切です。
これが理解できていれば、関係を持つということに関しても考え方が緩くなるでしょうし、『取りあえずする』ということも理解できるはず。

そもそも、女性は焦りを感じることも大切です。
男性は恋愛に興味を示さなくなってきているのですから、恋愛や結婚がしたいと思うのならば、
男性にとってメリットのある女になる必要があります。
男が求めるものなど一つなのですから、それを受け入れて、行動に移せる女性になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6