トップへ戻る

肉体関係を持つ意味とは

肉体関係を持つ意味とは

肉体関係を持つ意味とは

『男女が肉体関係を持つことの意味』これを理解できていない人も多いもので、
特に女性の中には『単純な男の欲望』と捉えてしまっている人も多いのではないでしょうか?

『肉体関係を持つこと』これを女性が、単純な男の欲望と捉えてしまっていることは、非常に残念なことです。
というのも、男性は決してそんな軽い意味で捉えている訳ではありませんし、
むしろ、女性よりも真剣に『肉体関係を持つということ』これについて向き合っている部分があるのです。

また女性との違いは『積極的かどうか』これだけでしょう。
女性の場合、概して肉体関係を持つことに慎重であり、『積極的に男性と肉体関係を持つ』ということをしませんね。
その結果、慎重になり過ぎて、せっかく親しくなれる相手ともなれなかったり、良縁があっても逃してしまうことも多々あると考えられるでしょう。

スポンサーリンク


女性が肉体関係を持つ基準は『好きになったかどうか・男性のことが信用できるか』これではないでしょうか?
その男性のことが好きであり、また信用できてこそ初めて体を許せる訳で、
男性のように『挨拶代わりに関係を持つ』こんな考え方は持ち合わせていないでしょう。

しかしながら、男性からすれば女性のその考え方には『硬い』と感じていて、『だからこそ親しくなれない』とも思っています。
男性には、上述したように『挨拶代わりに関係を持つ』という積極性がありますし、それがあるからこそ親しくなれると考えています。

また男女関係には、肉体関係を持たなければ分からないことがたくさんあります。
お互いに本音で語り合うためにも『関係を持つ』ということは重要となりますから、それに対して積極的になって、
全てを打ち明けられる女性になりましょう。


肉体関係を持つことには、『親交を深める』こんな効果があるのです。
経験がある方も多いとは思いますが、『関係を持った途端男性の態度が変わった』これってよくあるとは思いませんか?
『関係を持つまではいい人だったのに、持ったら扱いが雑になった』これはよくあることでしょう。

これは、どちらが本性かというと、『雑』これが本性なのです。
しかし、雑になったからといって『体目当てだった』という訳ではなく、『そういう性格』というだけのことです。
つまりこれは、関係を持つことで今まで見ることができなかった本当の姿を始めてみることができたという、プラスの意味なのです。

女性の場合、単純に雑になったということに憤慨することがありますが、そう捉えてしまうことは幼いことです。
『男性の本性が見れてよかった』こう思えなければその男性を操ることができませんし、
憤っているだけで、『元に戻れ』『丁寧に扱え』こんな風に訴えたところで男性が元に戻ることはありません。

従って重要なのは、『肉体関係を持ってから』なのです。その男性の変化に対応できることが女の力量というもの。
男性は、概して『釣った魚に餌はやらない』という傾向にありますが、それならば『餌をやりたい魚』になればいいのです。

何でも捉え方と腕次第ですから、だからこそ関係を持って、相手の本性を知ることが大切です。
変化に怒ってしまうのではなく冷静になって、男を扱える女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6