トップへ戻る

結婚と肉体関係の必要性

結婚と肉体関係の必要性

結婚と肉体関係の必要性

『結婚するまで肉体関係は持たない』『肉体関係はそれ程重要ではない』こんな女性もいますよね。
もちろん人それぞれ考え方があるため、『それは違う』と断言することはできませんが、『非常にリスクのある考え方だ』とは言えるでしょう。

『結婚するまで肉体関係は持たない』これって、結論から言えば『結婚してからお互いの本性が分かる』ということです。
そう考えれば、『非常にリスクのある結婚』この意味が分かってくるのではないでしょうか?

男女関係って、『肉体関係を持ってから始まる』こんなところがあるのです。
関係を持つまではお互いにぎこちないですし、当然『相手によく見せよう』と気を使っています。
そのため、どちらも『相手の良い部分しか知らない』こんな恋愛になっているのです。

『気を使って良い部分を見せているのならばそれでいいじゃないか』と思う人もいるかもしれませんが、
この『良い部分を見せている状態』というのは、多くのことを我慢している状態なのです。

言いたいことを我慢して、自分の時間を犠牲にして、聞きたくもない話に付き合ってなど、
一言で言えば『いつまで経っても初対面の友達』という状態ですから、このまま結婚などしてしまったのならば、
どこかで限界が来て、ダメになるに決まっているのです。

スポンサーリンク


これから何十年も一緒にいるというのなら、
『言いたいことを言い合う』『お互いに我慢しない』『無理をしない』『自分の時間を犠牲にしない』これらを通さなければ続くはずがありません。


しかしながら、『結婚するまで関係を持たない』こうしてしまうと、いつまでも距離を縮めるきっかけがなく、
その結果ぎこちない関係が続いてしまうのです。
だからこそ、『早い段階で肉体関係を持つ』これが重要になります。

男女の仲って、『肉体関係を持った分だけ親しくなる』こんなところがあります。
従って、『結婚するまでにどれだけ関係を持てるか』これも重要となりますし、二人の相性を完成させておくことも大切になってくるのです。

男女関係では『肉体関係こそ重要』これを忘れないようにしましょう。
『肉体関係がないのなら、一緒にいる意味がない』こう言っても過言ではないくらい、関係を持つことは大切です。
ですので、交際をしたのならば早めに関係を持つようにして、できるだけ早く本性を曝け出すようにすること。

そうすれば、お互いに『この人は合うのか?』『結婚に向いているか?』ということが見えてきますから、
それを見極めるためにも関係を持つことの重要性に気づきましょう。


『肉体関係を拒む女』このような女性って、男性からすれば壁がある女です。
壁があって接しづらい女ですから、結婚などあるはずがないのです。
女性の多くは結婚がある交際を望むでしょう。それならば、『男女の仲になる』これが重要ですから、
それをした上で結婚を考えるようにすること。これを忘れないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6