トップへ戻る

初対面で関係を持つことの重要性

初対面で関係を持つことの重要性

初対面で関係を持つことの重要性

『初対面で肉体関係を持つということ』男性としては全然歓迎できることですが、女性の場合、難色を示すことが多いのではないでしょうか?
『殆ど情報がない初対面の男性と関係を持つ』これってかなりハードルが高いでしょう。

男性の場合は『肉体関係を持てる範囲』つまりは許容範囲が広いですし、また『できるならしておく』これが男性の考え方ですから、
その女性が初対面であっても、『論外じゃなければやりたい』これが一般論なのです。
そのため男性というは、初対面の女性に対しても、『やれる・やれない』というこの二択でしか見ていない部分があります。

女性の場合、初対面ならば『外見がタイプだ』とか、『性格はどうだ』とか、多くの情報を集めようとするものでしょう。
そうやって情報を集めた結果、『OK』だと思えたら関係を持つこともあるでしょうが、それでも、『その日のうちに』ということは稀ですよね。
このように、女性にとって『初対面で関係を持つ』ということは大きな壁となる訳ですが、それでもメリットもあるのです。
従って、『マイナスなことだけではない』ということを理解して、必要な時には行動するようにしましょう。

スポンサーリンク


【メリットとは】
初対面で関係を持つことのメリットとは、『男性から信用される』ということです。
男性って、関係を持った女性を無条件に信用しますし、その女性には本音を話してしまうものなのです。

男性というのは『肉体関係を持ってから』という部分が多く、関係を持つまでは理性的であり、多くを語らないものですが、
持ってしまえば『この女は自分のもの』と感じるため、何でも話してしまう傾向が強いのです。
従って、『情報が手に入る』これが大きなメリットとなります。

例えば、『この男性の情報が欲しい』という時には、実は『さっさと関係を持つ』これが最短の方法なのです。
女性の場合、『関係を持ったらダメ』と考えている人もいるようですが、実際にはそうではありません。
むしろ、『手に入らない女』というのはストレスとなるだけですから、それは男性をイラつかせるだけであり、何の情報も入ってきません。

『男性に尽くされたいだけなのか』それとも『明確な情報が欲しいのか』それによって、じらすか、与えるかが変わります。
じらしたところで良い結果は生まれませんので、自分の体を巧みに使える女性になって、欲しい情報を入手しましょう。


『初対面の男性の年収が知りたい』こんな時には関係を持ってしまうことが確実になります。
それさえすれば、男性はほぼ確実に年収を教えますから、『知りたいなら与える』こんな考え方を持つことです。
女性の中には、『情報だけ欲しがる』こんな人もいますが、そんな女に自分の情報を与える男性はいません。
『まず与える』これを心掛けて、知りたい情報を手に入れるようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6