トップへ戻る

男友達と寝る際に大切なこと

男友達と寝る際に大切なこと

男友達と寝る際に大切なこと

『男友達と一緒に寝る』こんなことがあっても不思議ではないでしょう。
例えば、『男友達の家に泊まりに行く』『遅くまで飲んでいて一緒に泊まる』『旅行に行って同じベッドで寝る』などもありますし、
または、『遊んでいて終電を逃したため、宿泊先として男友達の家に泊めてもらう』など、様々な状況があるでしょう。

このように、『男友達と寝る』という状況では、『関係を持つことが前提』これを意識しておくことです。
『宿泊先として泊めてもらう』という女性もいるように、『泊まるだけ泊まってやらせない』という女性も多いでしょう。
しかし、これはとても失礼なことですよね。

『泊めてくれ』と頼む時にはいかにも『関係を持つ』という雰囲気を出しておいて、いざ男性の家についた時には、
淡々と寝る準備をして、男性の感情など一切無視し、目も合わせないような女性もいるでしょう。

スポンサーリンク


もちろん、関係を持つことは義務ではありません。しかし、『そのような一方的な態度は失礼』ということです。
それではあからさまに利用していますし、なにより遅い時間にわざわざ起きていてあげて、せっかく泊めてあげた男性が不快な思いをします。

ですので、理想としては『お礼として関係を持つ』これが良いでしょう。
女性の中には『何でそんなことしないといけないの?』と思う人もいるのかもしれませんが、
むしろ、『その気がないのなら来るな』これが男性の見解ですし、一般的にはこう捉えるのが普通です。

女性は『泊めてもらう』という立場にありながらも相手に感謝できない人や、『自分の方が上』と思っている人がいるものですが、
立場をわきまえるようにしましょう。

『女性が家に来る』これは普通、『肉体関係を持つ』ということを意味していますから、
『その気がないなら行かない』これを守るようにして、非常識な女にならないようにしましょう。

男性としても、『女にはベッドを譲る』こんなことはしません。
従って、『泊まりに行けば一人でベッドで寝れる』この考え方は甘いですしおかしいです。
普通は、男性と一緒に寝て関係を持つことになりますので、そのつもりで行くようにすることと、何より迷惑をかけないようにしましょう。


『男友達の家に泊まる』これは、どんな状況であっても肉体関係を持つべきです。
男性は、女性が家に来るとなればそれを期待していますから、断ることは失礼に当たります。
そんな女はすぐに噂になってしまいますから、正しい行動を心掛けて、真面な女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6