トップへ戻る

男女の友情があればどこまでできる?

男女の友情があればどこまでできる?

男女の友情があればどこまでできる?

『男女の友情があればどこまでできるのか』また『どこまでしていいものなのか』こんなことを考えたことはありませんか?
男女の友情だったり、異性と親友になることって、ある意味では『恋人以上の関係』ですよね。
そのため、『いつ一線を越えても不思議ではない関係』ですし、『別に超えてしまっても良い関係』ではないでしょうか?

つまり、きっかけさえあれば男女の友情から男女の仲に発展しても全く問題ない仲、それが異性の親友というものでしょう。
それでも、なかなか発展しないのは、
『お互いがそこを意識しているから』だったり『友達としてはアリでも、恋人になる気はない相手だから』なのでは?

要するに、肉体関係を持つことはできても、そのまま友達という関係は続けたい訳であって、
つまりは友情が崩れることが嫌なのでしょう。だからこそ、男女の仲にはなれないんですよね。
普通に考えれば、異性が恋人のような距離感で一緒にいたのなら、関係を持っていることが当たり前です。
ですので、『しない方がおかしい』と考えることが正しいですし、また『友達だからしてはならない』こう捉える必要もないでしょう。

スポンサーリンク


大切なことは、『友達という関係を崩さない』『友情を深めるために関係を持つ』この考え方です。
これがあれば、関係を持つことによってより友情が深まりますし、感情によって友情が崩れることもありません。
従って、『男女の仲になる』これをプラスに捉えて、友達とは積極的に関係を持ちましょう。

実際に、異性の友達とは、関係を持ってしまった方が本音の話ができるのです。
また、友達だからこそ関係を持った場合でも、感情なしに冷静に深い話ができるという考え方があります。

例えばこれが恋人だった場合、どうしても嫉妬などが入るため、友人のように楽しい関係を築くことはできません。
一方純粋な友達の場合、肉体関係があっても、『それはそれ』として捉えることができますし、
また、関係を持つことで恥じらいが無くなり、『何でも話せる仲』になるのです。

恋人や異性には聞けない性に関することも、関係を持った友達だからこそ聞けるようになりますし、まさに理想的な友人関係となります。
『男女の友情があればどこまでできるか』この答えは無限のはず。

『友達だからこれはあり得ない』こんな考え方を持っていたらもったいないですから、
むしろ『友達だからこそ』と思うようにして、本当の意味での何でも話せる仲に、築き上げましょう。


『肉体関係を持つこと』これに抵抗を持つ女性は多いでしょうが、関係を持つことにはプラス要素が多いのです。
男性は、関係前後で別人になります。また、持ってからが本当の姿です。
ですので、しないことはもったいないのです。
本当の友情を築きたいのならばするようにして、『一生付き合える仲』としましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6