トップへ戻る

連れて歩ける女になること

連れて歩ける女になること

連れて歩ける女になること

男性の交際の基準には『こんな女連れて歩けない』というのがあります。
例えば、『デブの女と一緒にいたら自分が恥をかく』このような考え方を持っているのが男性であり、
つまり、連れて歩く女には、一定の美しさを求めるのが男性というものなのです。

男性の場合、『他の男がどんな女を連れて歩いているかが気になる』というもの。
そのため、全く見知らぬカップルでも、その女性が極度のブスやデブだった場合には嘲笑の対象になるため、
付き合うことはもちろんNGですし、友達になることも、一定時間一緒にいることも避けたいのが男性というものなのです。

デブの女と一緒にいるところを偶然友人にでも見られたのならば、
その友人から『この前お前が彼女と一緒にいるところ見たよ。お似合いじゃん』とからかわれたりすることもあるのです。
こういう災難を避けるためにも、男性はデブやブスと一緒にいることは避けますし、連れて歩く女には、一定のレベルを求めるものなのです。
ですので、女性は『一定レベルの女』これになることが大切です。

スポンサーリンク


例えばブスであっても、努力すれば連れて歩けるレベルくらいにはなるものです。
本当のブスというのは努力していないからこそブスなのであって、自分にしっかりかけるものをかけていれば、
それなりのレベルにはなるものです。

大切なことは『私は綺麗だ』と自分で思えること。
不思議なことに『私は綺麗だ』と自信を持てている時って、周囲からもそう思われることが多いものなのです。
そうなれば恋愛もしやすいですし、当然連れて歩ける女となります。

ブスの女性というのは、自分でブスと思っているからダメなんです。
その考え方を変えられるように、自分が満足できるだけの自己投資をしてみましょう。

一方デブの女性の場合、まずは痩せることが大切です。デブというのは無条件にNGですから、『痩せてから』という条件が付きます。
連れて歩けるかどうかという問題ではなく、『まず痩せろ』となるのが恋愛の条件なのです。

近年では、デブをポジティブに受け止めて『ぽっちゃり』と呼んだりもしますが、
それは女性が勝手に盛り上がっているだけであり、男性はかなり引いています(2013年現在)

『ぽっちゃりの芸能人もいる』と思う女性もいるかもしれませんが、それには元が可愛いという絶対条件がありますし、
そもそも『デブ』というほど太っていません。
『連れて歩ける』このレベルにしておくことが大切ですから、太り過ぎと勘違いには注意して、とにかく痩せるようにしましょう。


『平均体重よりも軽い』これが連れて歩ける女です。
近年では、細い女性は細いため、平均体重の女性はデブ寄りとなります。
見た目が美しくなければ意味がありませんから、『連れて歩きたい』と思われるような女性になって、勝ち組の女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6