トップへ戻る

元カレと連絡を取るのはアリ?

元カレと連絡を取るのはアリ?

元カレと連絡を取るのはアリ?

『自分を振った元カレと連絡を取りたい』こう思ってしまう女性もいるでしょう。
突然心に穴が開いたようで、また頼るものもすがるものもなくなってしまい、彼氏に依存していてその存在が全てだったからこそ、
『連絡を取りたい』と思ってしまうはず。これはアリなのかどうか。

男性心理としては『ナシ』です。はっきり言って、『自分が振った元カノから連絡が来る』これって、迷惑以外の何でもないです。
男性としても、嫌いだからこそ振った訳です。
それなのに、『依存させろ』と言わんばかりに連絡が来たのなら、それは迷惑極まりない行為です。

しかもその連絡内容も、男性にとってはどうでもいいことばかり。
そんなどうでもいい話を30分〜1時間とダラダラと話すのがお決まりのパターンでしょう。
こんなことは嫌がらせとしか思えません。

スポンサーリンク


男性としては『もう終わったんだから連絡なんかしてくるな』『他を当たれ』というもの。
その要件が、『依存したい』というものでなければまだいいのです。
具体的な要件があっての連絡であり、例えば『今後は普通に友達として関わっていかないか』という提案ならば、まだ聞ける話です。

しかし、それでも男性というのは『嫌いで振った元カノと友達になる』これも避けたいところなのです。
要するに『彼女として嫌い』なのではなく『人間として嫌い』こうなったからこそ振った訳であり、
だからこそ、『関わりたくない』『連絡などしてくるな』これが本音です。

ですので、男性が振ったという関係ならば、基本的には連絡を取るのはNGです。
男性は、自分から振ったのならば100%興味などありませんし、『元カノ』という存在そのものが迷惑でしかないのです。
それを十分に理解して恋愛するようにして、お互いにとって無駄な時間は避けましょう。

連絡を取って良い状況というのは、女性が振った場合です。
しかもその内容が『復縁したい』というものならば、元カレに連絡してもいいでしょう。
女性が振ったのなら、単純に『友達になりたい』という提案は通用しませんよね?
これでは、男性の気持ちを無視していますから失礼となります。

ですので、復縁してやり直したいという時にのみ、元カレに連絡を取ることが許されるのです。
それ以外の状況では基本的には許されませんので、『連絡を取る』この重みを理解して、行動を慎める女性になりましょう。


恋愛というのは、終わったら完全に終わりにするべきでしょう。『別れたのに引きずる』これはよくありません。
理想としては、『別れの次の日から完全に気持ちが切り替わる』というもの。
これをするためには、しっかりその場で終わりにしておくということですから、言いたいことはしっかり言って後に残らないようにすること。
そうすれば、心が終わりと理解しますので、連絡を取りたいと思うこともなくなるはずです。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6