トップへ戻る

独身主義が結婚してもいいと思う相手とは

独身主義が結婚してもいいと思う相手とは

独身主義が結婚してもいいと思う相手とは

独身主義の男性というと、『どれだけ交際をしても結婚を決めることはない』こんな考え方を持っていますね。
そのため、交際が長くなっても、その女性が気が合う相手でも『結婚してもいい』という考えに達することはなく、
『独身の状態での交際』これこそが最高の状態だと考えるのが独身主義男性の特徴でしょう。

男性の場合、独身主義というのは多いもので、その理由としては『結婚にはメリットがないから』というもの。
男性は結婚をすると多くの責任を負うばかりで、自由を失うことになります。
つまり、『つまらない人生になるだけであって、楽しいことの全てが消滅してしまう』これが男性にとっての結婚なのです。

だからこそ男性は独身に拘りますし、独身のままで、金も時間も自由に使い、
女性関係でも『飽きたら他の女性に乗りかえる』これが許される状態にしておきたいのです。
結婚してしまったら、『浮気したら社会的信用を失う』ということだけでなく、慰謝料まで取られることとなります。
こういうことが、男性としては面倒くさいのです。

スポンサーリンク


もちろん、奥さんが浮気した場合にも同等の慰謝料を請求できますが、
なぜか世間的には『男は女に慰謝料を請求しない』などの風潮もあるため、
だからこそ男性は、『結婚にはメリットがない』と独身に拘っているのです。

こんな独身主義の男性でも『これならば結婚してもいい』こんな風に思う相手がいるものです。それが『自分よりも高収入の女性』です。
自分よりも遥かに高収入で、しかも、結婚後も仕事を辞めないという前提があって、
また、『仕事を続けざるを得ない』という状況であるのならば、独身主義の男性でも結婚を考えるものです。

これは、『高収入の女性と結婚することはメリットである』というよりも、『女性の方が収入が高くて初めて対等になる』というものなのです。
男性としては、『何の長所もない女性と結婚しても意味がない』と思っていますし、そもそも、養うための結婚などしたくないのです。
そのため、最低でも『自分のことは自分でできる女性』結婚にはこれを求めています。

しかし独身主義の場合、それだけでは結婚してもいいという条件にはなりません。
一人を犠牲にしてまで結婚するのならば、それなりの特徴がある女性でないと割に合わないと考えるのが男性ですから、
だからこそ、『自分よりも高収入の女性』となるのです。

男性よりも収入が高ければ、一先ずに男性を当てにすることはないはず。
また男性としても、女性をあてにするつもりはないため、だからこそ対等な関係が築けるのです。
独身主義が結婚するためには、『できるだけ独身生活のような結婚』これが求められます。
そのためには、『双方の経済力』これは重要ですから、そんな男性と交際しているのなら自分に実力をつけて、その上でアプローチしましょう。


独身主義の男性は、基本的には結婚しませんから、普通の女性ではダメなのです。
能力の高い女性こそが優秀な男性を射止められます。
『男に頼らない』こんな精神を持って、独身主義の男性に『結婚してもいい』と思わせましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6