トップへ戻る

振られる時の対応とは

振られる時の対応とは

振られる時の対応とは

交際をしていて振られる時、この時の対応次第で、
『きっぱり忘れられるか』『忘れることができずにストーカーになってしまうか』が分かれるものでしょう。

これらは性格にもよるものですが、
忘れられる人に共通している部分は『自分の中で終わりという区切りをつける』この作業を必ずしているのです。
これをしているからこそきっぱり忘れて吹っ切ることもでき、次に行くことができるというもの。

スポンサーリンク


一方で、忘れることができないというタイプの場合、
『関係を曖昧にしたまま』『まだ復縁の可能性を信じている』『自分の中で可能性があるものだと、期待を持たせてしまっている』これだからこそ、
ストーカーのような状態に発展してしまうのです。

つまり、どれだけ相手に『終わりだ』と言われても、
自分自身では『そんなはずはない、頑張れば何とかなるはずだ』と根拠のない期待を持ってしまっているからこそ、
自分も解決して終わりにすることができず、それが原因で重大な出来事に発展してしまっているのです。
ですので、ストーカーにならないためには『振られる時の対応』これが重要になります。

振られる時に『もうこれで終わりなんだ』『可能性はないんだ』ということをしっかり理解し、また自覚させるための行動をすることです。
どうすれば自分の心が『終わり』を自覚し、その場でスッキリして忘れることができるのか、
これって、『言いたいことを言ってやる』これしかないはずです。

『振られる』これって敗北ですから、それに対して復縁を期待してしまったら、そこに『我慢』が生じます。
つまり、本来ならば言い返すべきところで、自分の勝手な妄想により生じた可能性によってそれを抑え、
相手に嫌われないように接してしまうのです。

それが我慢であり期待なのです。
普通に考えれば、敗北した時に、しかも自分の気持ちは治まっていないという状態ならば『勝とうとする』これが人間の心理ではないでしょうか?

要するに『殴られたら殴り返す』これと同じということでが、振られた時に可能性を信じ言い返さない、
これは『殴られたのに殴り返さない』ということですから、そうなれば後々怒りが込み上げてくるのも無理はないのです。

ですので、その場で言い返してやりましょう。可能性など1%もありません。また、自分を振るような相手になど、魅力を感じることもNGです。
『これが今生の別れ』と捉えて、『ブサイク』でも『下手』でも何でもいいので、
気が済むまで罵倒してやって、後を引かないようにすることが、自分がストーカーにならないための方法です。


これは、自分が振る際にも大切な心理です。『相手に言い返させる』これも重要ということ。
振られることは誰だって悔しいですから、振る側になった時にはそれを察して『言いたいことないの?』と言わせてやることで、
問題を回避できます。
『ストレスを溜めさせないこと』これは大切ですから、『終わる時には容赦しない』これを心掛けて、思いっきり吐き出しましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6