トップへ戻る

デートした男性は切らないこと

デートした男性は切らないこと

デートした男性は切らないこと

  『一度デートした男性は切らない』恋愛をする上でこれは重要です。
  恋愛となると、『この人はない』『無理かも』と思った瞬間切ってしまう女性も多いですよね。

  例えば、メールの返事をしなかったり、音信不通にしてしまったりなど…。
  もちろん、その相手のことが嫌いで仕方ないのならばそれもアリですが、
  『人生』という捉え方をした場合には、
  『せっかくの出会いを簡単に切ってしまう』これってとてももったいないことですよね。

  これはおそらく、恋愛だから簡単に切ってしまうのでしょう。
  例えばこれが、『仕事関係者』だった場合、嫌いでも切ることってできませんよね。

  しかも仕事の場合、その嫌いな相手がどこかで助けてくれたり、
  最終的には良い人間関係になることもある訳で…。
  つまり、どうなるか分からないのが仕事関係であり人間関係でしょう。
  これは『切らずに続けたから』に他ならない訳ですが、恋愛でも同じことが言えるのです。

  初デートを次のように捉えてみると、簡単に切るべきではないということが分かるかもしれません。
  それが『名刺交換から始まった打ち合わせ』

  初デートって、仕事に例えれば、名刺を交換して間もない打ち合わせのようなものなのです。
  そのため、そこで関係が途切れてしまうことってあまりないですよね。

  もちろん、飛び込み営業ならば十分にあり得ますが、
  それでも、相手に対し連絡を取ることは可能でしょうし、
  連絡をすれば先方も対応してくれるでしょう。つまり、『切られることはない』ということです。

スポンサーリンク


  恋愛においても『切ることはない』こんな関係が大切です。
  デートをしてみて『違うな』と思っても、そこで切ってしまうのはそれこそ違うのであって、
  自分からは連絡しないまでも、
  対応くらいはしてもいいと考えるべきでしょう。

  『あからさまに人を嫌う』これはあまりするべきではありませんので、
  『デートはしたくない』と思うのならば、
  誘いには応じないようにしながらも、
  メール対応くらいはしておいた方が自分のためになることもあります。

  モテる女というのは、『自分のことを好きでいてくれる男性』
  こんな男性をたくさん持っているものですが、それは、男性を切らないからです。


  違うと思ったら態度に出し、切ってしまっていたらモテることはできませんし、
  自分の可能性を狭めてしまいます。
  いつ誰がどんな場面で役に立つかは分かりませんから、
  そんな時のためにも『切らない女』になって、自分への矢印を集めましょう。


  『デートした男性は切らない』こんなルールを作ると、おそらく自分が楽しくなります。
  恋愛ではなく友達として繋いでおけばいい訳ですし、
  女性の場合、それができてしまうという特徴がありますから、
  自分にとって有利な環境を作りましょう。
  矢印が多い方が自分自身も高められるはず。より美しくなるためにも、切らない女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6