トップへ戻る

恋愛対象外の男性と会うべき頻度とは

恋愛対象外の男性と会うべき頻度とは

恋愛対象外の男性と会うべき頻度とは

  デートをしてみたけど『この男性は恋愛対象外だな』と思うこともあるでしょう。
  そのような男性とは、その後どうやって付き合っていくべきか?

  もちろん、切ってしまうというのも一つの選択です。
  『恋愛対象外の男性』こんな男性と関係を続けていても仕方がない、こう思うことも普通でしょう。

  しかし、『出会い』『人間関係』という意味では、嫌いでない限り切ってしまうことはもったいないことです。
  恋愛対象外というだけの理由ならば、自分の中では友達としてその後付き合っていく。
  これも一つの選択ですし、悪く言えば『キープ』という方法もあります。

  ですので、せっかくの出会いであり人間関係ですから、
  続けられると思うのならば切らないようにして、賢く使うようにしましょう。

  このような状況の場合、ポイントは『交際していたかどうか』これになるでしょう。
  交際していたのならば、『恋愛対象外になったけど友達でいて』これは難しいはず。
  従って、付き合っていたのならば相手の意向に従うべきでしょう。

スポンサーリンク


  しかし、付き合う前のデートという段階だったのならば、基本的にどう扱うかはそれぞれの自由です。
  だからこそ、簡単には切らないということが賢い選択なのです。

  ですので、『この人と会っても時間の無駄』と感じてしまうのではなく、
  自分の中では恋愛を抜きにして、程よい距離を保つようにしましょう。

  男性と会う頻度に関しては、『OKとNOのタイミング』これが重要です。
  例えば、男性としても『これから付き合うかもしれない』と期待している女性から、
  数回連続で誘いを断られたら脈無しと気づくでしょう。
  ですので、『頻度は減らしつつも、できるだけ断らない』これが理想なのです。

  『月1回程度は合うようにする』とか『1回会ったら1回断わる』などのように、
  自分の中で、男性に対しさり気なく脈無しアピールはするようにして、
  それでいて切れない関係を作る。これが大切です。

  このくらいの頻度で会う関係ならば、他の男性を探すこともできるでしょうし、
  また、『自分を思ってくれている男性がいる』これは大きな保険になるはずです。
  ですので、『恋愛対象外だ』と感じても、保険として持っておくということも大切ですから、
  だからこそ、『切らない』というテクニックは重要になるのです。


  生理的に無理な男性以外は、『来る者拒まず』これで良いと思います。
  『取りあえずはデートしてみて、対象外と思ったら友達に変えてしまう』
  これができる女性こそが恋愛や結婚では成功する女性なのです。
  『白・黒はっきりさせてしまう女性』こんな女性がモテそうな印象もありますが、
  これって男性にとっても、『彼女としてはアリ』ですが、『友達としてはNG』な女性なのです。

  ですので、『彼氏ができたら変わる女』こうなればいいと思います。
  彼氏ができるまでは、豊富な男友達に囲まれるようにして選択肢を増やし、
  特定の人ができたらそれに集中する。

  これが理想ですから、そんな女性になるためにも対象外の男性も切らないようにして、
  『定期的に会う』これを心掛けてみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6