トップへ戻る

賢いデートの断り方とは

賢いデートの断り方とは

賢いデートの断り方とは

  『この人とはもうないな』デートをしているとこう感じることもよくありますよね。
  こんな時の賢いデートの断り方というのは『相手を切らないこと』これになるのです。

  『この人は違う』『恋愛の対象としては見れない』このように思った時って、
  はっきり言ってその人と関わることが時間の無駄になりますよね?

  そのため、それ以上デートすることなどあり得ないでしょうし、
  メールや電話といった連絡をされることさえも『迷惑だ』と感じることが一般的なのではないでしょうか?

  そのため、男性のメールを無視したり、『ごめんなさい』とはっきり伝えたりと、
  『私にはその気がない』これをアピールする人も多いはず。

  もちろん、その人のことが嫌いだったり、生理的に無理だと感じているのなら、毅然とした態度で、
  はっきりと『NO』を伝えればよいのです。

  しかしそうではなく、純粋に『恋愛対象としてはナシ』こう感じているのなら、
  真面目に考え過ぎるのではなく、『恋愛対象外』として関わってみることも一つの選択となります。


  もしかしたら、またこの人のことが気になることもあるかもしれませんし、
  この男性とは純粋な友達になれたのならば、男性の友達を紹介してもらえるという可能性も出てきます。

スポンサーリンク


  ですので、『自分からは連絡しない』『毎回の誘いには応じない』などのルールを作り、
  相手に対し、『恋愛対象ではない』ということをさり気なくアピールしながら、それでも関係を切らないことが、
  賢いデートの断り方といえるのです。

  捉え方によっては『これでは男性の気持ちを弄んでいる』と思うこともあるかもしれません。
  しかし、現状で考えれば『男性を切らない女性ほど上手くいっている』というのがあります。
  つまり、出会いを大切にできる人間ほどその後の人生が上手くいくのです。

  また、『男性の気持ちを弄んでいる』となるかもしれませんが、
  男性だって、『自分からは連絡してこない、毎回の誘いには応じない』こんな女性には本気にはならず、
  次第に飲み友達くらいになっていきます。
  しかも、付き合っている訳ではないのですから、色々な可能性を持つことも大切であると考えるべきです。

  はっきり言って『選択肢は多い方が良い』これは確実に言えることです。
  同時進行が許されるのは特定の恋人ができるまでです。

  恋人ができてからでは、道徳的にはそれは許されないのですから、
  それまでに、『自分にとってベストな相手は誰か』これを判断するためには、
  より多くの男性と関わるようにしましょう。


  一人の男性とデートをして、その人と良い感じになると、
  『他の男性と関わることはNG』くらいに思ってしまう女性もいるでしょう。


  そのような女性は、男性からすれば貞操観念があって良い女性なのですが、
  広く見れば自分自身の選択の幅を狭めてしまっているためもったいない女性です。

  交際前のデートという段階、この時点ならば、
  デートする男性が何人いても良いのですから、より多くから選ぶようにして、
  また、嫌いでない限りは切らないようにして、自分にとって最良の選択をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6