トップへ戻る

すぐに惚れないことが大切

すぐに惚れないことが大切

すぐに惚れないことが大切

  交際をする際に大切なことは『すぐに惚れない』ということです。
  『好きだと言われるとすぐに惚れてしまう人』このような人もいるのではないでしょうか?
  または、『手に入ると分ると簡単に本気になってしまう人』こんな人もいるでしょう。

  しかし、この性格って良いとは言えませんし、一歩間違うと大きなトラブルにも発展しますし、
  自分自身が大打撃を受けることもあります。
  ですので、『すぐには惚れない』交際をする際にはこれを心掛けて、慎重な恋愛をしましょう。

  例えば気になる人に『好きだ』と言寄られても、その場ですぐに惚れてしまうのではなく、
  一端冷静になって考えてみること。これが重要です。

  すぐに惚れてしまうと、たいていの場合性格やその他重要な部分を見ることができず、
  そもそも、本当に好きなのかどうかも分からないことが多いのです。

  『相手が好きだから』『簡単にイケそうだから』このような理由だと、
  自分自身で自分の気持ちに勘違いしていることが多く、
  『本当は好きではなかった』ということも多々あります。

  しかし、それに気づくのって想像以上に遅いもので、既に交際してから数ヶ月も経っている時であり、
  また、相手は本気になっていることも多いため、だからこそ冷静な判断が必要なのです。

  理想としては、まずは付き合ってみて、そこから徐々に相手を分析していくこと。
  つまり、最初からずっと続けることを前提とした上で交際するのではなく、
  『合わなかったら別れる』これを基本として交際をするのです。

  そうすれば、『すぐに惚れてしまう』ということも防げますし、
  自分も相手も傷を最小限にすることができます。

スポンサーリンク


  男女関係では、『好きだ』と言われるとどうしても意識してしまうものですし、
  その結果が自分の気持ちを勘違いするというものです。
  ですので、それを防止するためにも、相手との距離感を大切にしましょう。


  『すぐに惚れてしまった結果突っ走ってしまう』これはよくあることです。
  そうなると、周りも見えなくなりますし、相手の思うつぼでもあります。

  基本的には、一目惚れなどあり得ないことですし、恋愛感情というのは性格面に対して現れるものです。
  本来ならば、長い期間をかけて接することで、気持ちというのは生まれるもの。

  『私はこの人のことが好きだ』このように思い込んでしまった時には、
  『どこが好きなのか』これを考えてみましょう。

  その好きな部分が出てこないようならば、それは本当に好きなのではなく、
  単なる勘違いである可能性があります。

  『異性として魅力を感じ、それを好きと勘違いしてしまった』これはよくあることですから、
  その感情とまざらないようにするためにも、
  『交際をする際には時間をかけること』『すぐに惚れないこと』これらを心掛けて、慎重な恋愛をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6