トップへ戻る

取りあえず付き合うという考え方

取りあえず付き合うという考え方

取りあえず付き合うという考え方

  『外見が許容範囲内ならば取りあえず付き合う』こんな考え方を持ってみることで、
  恋愛の可能性は大きく広がっていくものです。

  交際するということを、ものすごく慎重に捉えてしまって、
  それゆえになかなか彼氏ができないという女性もいるのでは?
  そのような女性の場合、『男性と食事やデートをする』まずこの時点でのハードルが高いでしょう。

  例えば、男性から食事に誘われたとしても、すぐに返事をすることはできず、
  『一晩中考えた末にYES・NOを判断する』こんな感じではないでしょうか?

  要するに、自分自身で恋愛に対するハードルを物凄く高めてしまっていて、
  『男性と食事に行く=すごいこと』くらいに捉えてしまっているはず。

  しかし、それでは恋愛ってなかなかできませんし、彼氏など滅多に作れるものではないのです。
  恋愛のハードルが高い女性でも、彼氏は欲しいでしょう?

  恋愛って、人によっては『特別なもの』として捉えてしまいますが、
  はっきり言ってただの人間関係であり、友人付き合いと変わりありません。

スポンサーリンク


  ですので、あまり慎重にとらえ過ぎないで、
  『取りあえず付き合ってみる』くらいの軽い気持ちを持つことも重要ですから、
  自分を誘ってくれた男性が『外見が許容範囲な人』だったのならば、まずは食事なりデートなりに行ってみて、
  違和感がなければ取りあえず付き合ってみること。

  その上で、相手の性格を分析していき、『ここは違うな』と感じたらその都度議論し、
  議論してもダメだったら別れればいいのですから、まずは交際をしてみましょう。

  大切なことは『行動すること』なのです。
  『恋愛のハードルが高い』『異性への理想が高い』このような人って、
  最終的にどうなるかと言えば、『恋愛できずに終わる』という結末です。


  これは、恋愛を特別視し過ぎた結果であり、また、自分が勇気を持てなかったことが原因とも言えます。
  『誰かが背中を押してくれる』『こんな自分を理解してくれる人が現れる』これはほぼありません。

  恋愛に限らずですが、自分が行動しない限り人は助けてくれませんから、
  何かを掴みたいと思うのならば行動して、自分を変えるようにしましょう。


  『取りあえず付き合ってみる』これは大切です。
  そのまま続けるか、合わない相手なのか、これは付き合ってから判断すればいいことですから、
  まずは接点を持つことが重要です。

  生理的に無理な相手以外は拒絶しないこと、こんな姿勢を心掛ければ恋愛は上手くいきます。
  何より、『恋愛』というものを特別視しないで、軽い気持ちで捉えてみましょう。

  『異性と深く関わるにせよ、友達関係と変わらないもの』それが恋愛ですから、
  『合わなかったら別れればいいや』くらいのつもりで、まずは交際してみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6