トップへ戻る

抱かれることを想像するべき

抱かれることを想像するべき

抱かれることを想像するべき

  男性と出会ったら、『その男性に抱かれること』まずはこれを想像してみることが重要です。
  これができなかったらその男性とはあり得ないということですから、男性と出会った際の最初の作業として、
  『抱かれることを想像する』これは重要となります。

  例えば食事に誘われた際、『抱かれるのはNGだけど食事はOK』という意味不明な女がいますよね。
  これは一体何を考えているのでしょう?また、何のために食事をしているのでしょう?

  要するに『男を利用する』という訳ですが、こういう女になってしまったらダメということです。
  『抱かれる気もないのに食事を奢ってもらう』これはおかしいでしょう。

  本来ならば、『食事のお礼として関係を持つ』これが常識ですから、
  だからこそ『抱かれることを想像する』という作業が事前に必要となってきます。

スポンサーリンク


  つまり、やれない男とは食事したらダメなんです。
  または、やれない男と食事をするのなら、完全に自己負担にするか、
  または女性が全額支払いましょう。

  男性だって、自分の時間を割いて女性を誘っている訳ですから、
  それに応じるのならばそれ相当の誠意が必要になります。

  男性は『肉体関係があってこそ誠意』このように感じるものですから、
  本来ならば肉体関係で返す、または無条件に体を提供する、これがマナーです。

  抱かれる意思がないのならば、そもそもその男性と関わらなければいいだけのことですから、
  関わっているのならば、関係を持つことが誠意でありマナーなのです。

  これを理解できない女性は実に多いものであり、
  このような女性には『男性を利用している』という自覚がないもの。

  これは、一歩間違えば犯罪ですから、その自覚と意識を持ちましょう。
  『男はやりたいもの』『やれないのならば女になど興味はないもの』これを理解して、
  その上で男性と関わることが大切です。

  『抱かれることを想像する』これって本当に重要なのです。
  これをしてみると、自分では気付いていなかった多くのことに気付くものです。

  例えば、『意外と許容範囲が広い』とか『なんでもイケる性格だった』などのように、
  女性も本来は許容範囲が広いですから、隠す必要などないのです。

  そうでなければ、『金を貰ってする』などというビジネスは成り立たないでしょう。
  つまり、女性の方が男性よりもやれる許容範囲が広いんです。

  むしろ女性は無限と考えられますから、基本的には関係を持つようにして、
  男性をがっかりさせないようにしましょう。


  『抱かれること』これが重要なんです。
  『奢ってやったのにやらせない』こんな女にならないでください。

  自分の価値を下げるような女だと、確実に自滅していくだけですから、
  『誠意やマナー』これを守るようにして、男性に尽くせる女になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6