トップへ戻る

失恋から立ち直る方法

失恋から立ち直る方法

失恋から立ち直る方法

  失恋をしてしまうと、立ち直るまでに時間がかかることってありますよね。
  特に、その相手のことを本気で好きだったり、本気で信用している状態だと、
  『もう立ち直ることなどできない』と思ってしまうこともあるでしょう。

  しかし、失恋をしてショックを受けている状態の時に、相手のことを深く考え過ぎてしまったり、
  またはやり返そうと企んでしまうと、余計に辛くなります。

  というのも、相手としては既に自分に全く興味がない状態ですから、
  何をしようと考えたところで労力の無駄なのです。

  例えば、相手には新しい恋人ができていて、その恋人との仲を引き裂くことを計画し、
  たとえそれが成功したとしても、スカッとはしても失恋の傷は癒えないですよね?

  要するに、やり返したところで『また自分が恋愛に対して積極的になれるか』というとそうではなく、
  『元恋人に対する恨み』これを一時的にはらしただけであり、依然恋愛に対する恐怖心は抜けず、
  むしろ『嫌な女』になってしまっただけであり、恋愛できない状態は続くのです。

  ですので、『やり返す』という方法は、失恋した際には得策ではありません。
  『元恋人が羨むような存在になること』これができれば見返したことになりますので、
  『やり返したい』と思うのならば、自分のために時間も労力も使うようにして、とにかく努力することです。

スポンサーリンク


  またそれをするためには、失恋に対するマイナスな考え方が邪魔になるはず。
  何かを頑張ろうとするときに、マイナスな考え方を持っているとそれによって気持ちが止まってしまいます。
  ですので、失恋から立ち直る方法としては、『失恋をプラスに受け止める』これが大切になってくるのです。

  『失恋して私がこれだけ苦しんでいるのに、失恋をプラスに受け止めるなど不可能』
  と考える女性も少なくないでしょう。
  もちろんそれは一般的な考え方です。

  しかし、失恋を次のように捉えることもできるはず。『相手にとっては別れることが幸せな選択だった』と。
  苦しい振られ方をした時って、どうしても自分の気持ちを最優先するものですし、
  その恋愛の内容が追いかけてばかりで辛いものだったのならば、尚更自分の気持ちが大事でしょう。

  しかし、本来恋愛って、相手の気持ちを大切に考えるものではないでしょうか?
  『相手の気持ち』これが柱にあるのが恋愛で、お互いに相手の気持ちを考え合って行動すること。
  恋愛ってこんなものでしょう。

  もちろん、『私の気持ちを考えていれば、あんな振り方はしないはず』と思う人もいるはずです。
  でもそれは関係ありません。
  大切なことは『自分がどうしたか』です。

  自分がどれだけ相手の気持ちを考えたか?これが大切なのです。
  このように考えれば、それがどんな振られ方だったとしても、
  『相手はこうすることが幸せだったんだな』と受け止めることができるのではないでしょうか?

  さらに大人の人ならば、『幸せになってくれたらいいな』と締めくくり、
  自分自身の気持ちにも終止符を打つことができるものです。

  失恋から立ち直ることができるかどうかって、
  『相手がどう』とか『新しい出会いがどう』という問題は、それ程関係ありません。


  重要なことは、自分がその恋愛をどう終わらせたかです。
  相手に対する怒りや憎しみがある以上、恋愛は終わりませんし失恋も続きます。

  『相手の幸せを思って美しい想い出にすること』これによって、その失恋を終わりにすることができますから、
  考え方と記憶の置き方を変えてみましょう。


  失恋から立ち直るためには、何より捉え方が重要なのです。
  どんな振られ方でも、『その選択が相手にとっての幸せ』と受け止め、
  その上で『自分が許容できる範囲かどうか』これを判断すればいいのです。

  例えば、浮気された場合でも、
  『相手はそれが幸せだったんだな。でも私は受け入れられない』と捉えれば、傷は最小限で済みます。

  恨んだところで解決することはありません。
  自分の心の問題は、自分だけが解決できることですから、心の負担を減らせるように、良い選択をしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6