トップへ戻る

デート以外の時間は他人であること

デート以外の時間は他人であること

デート以外の時間は他人であること

  交際をすると、どうしてもデート以外の時間でも
  『つながっていたい』と思ってしまうのが女性の特徴ではないでしょうか?

  しかし、この『デート以外の時間にもつながっていたい』という感情は、良い感情ではないのです。
  これが強すぎると束縛や依存に発展するため、それでは健全な交際と言えません。

  交際をするのならば健全な関係であることが望ましいですから、
  『二人で過ごす時間』と『それ以外の時間』というのははっきり分ける必要があります。

  従って、理想としては『デート以外の時間は他人になること』こんな形なのです。

  デートの時は当然恋人ですから、男女の仲にもなりますし、カップルっぽいこともたくさんする訳です。
  しかし、それ以外の時間、
  つまり『会っていない時間』はそれぞれ個人のための時間と捉えて干渉しないようにすること、これが大切です。

  例えば、『無駄な電話やメールはしない』『アポなしで会いに行ったりはしない』などのように、
  デートとその他をはっきり分けるのです。
  女性によっては、『浮気が心配』とか『付き合っている気がしない』と思うでしょう。

  しかし、本来交際って、相手を束縛するようなものではありませんし、
  友達の延長ですから、『会いたい時に会う』これが基本なのです。

  相手が友達ならば、基本的には会っていない時のことなど考えたりはしませんよね?
  こんな形が理想ということです。

スポンサーリンク


  ですので、電話やメールも意味のあるものだけにする、
  例えば、次回のデートを決めるための連絡手段として使うなどが本来は相応しいでしょう。

  女性によって、『用件もないのに電話してくる』『内容のないメールを送ってくる』こんな人もいますね。
  これって、受け手としては、その時間を無駄にすることになりますよね?

  このような気遣いができるかどうかということも重要ですし、
  また自分自身も、『用事がなければ連絡など不要』こんな気持ちになれることが大切なのです。

  『彼氏のみの女』こんな女性になってしまうとどうしても追いかけてしまいます。
  従って、恋愛中であっても友人関係は大切にするべきです。
  また、『恋愛以外で夢中になれること』これも大切です。

  こういうものがないと、『彼氏ができると100%の力で彼氏を求める女』こんな女性になってしまいます。
  これは、束縛や依存の兆候でもありますので、そうはならないように、多趣味で忙しい女性になって、
  普段は彼氏のことが気にならない状態を作りましょう。


  『デート以外の時間は他人になること』
  これを受け入れられる女性かどうかで人生の楽しさって大きく変わってきます。

  『一人の人間に夢中になってしまい、他のことが全て手につかなくなったり、他を投げ出してしまう』
  このような性格だと、損をすることが多いですし、何より楽しめないでしょう。

  『デートが楽しければいい』これが恋愛の基本ですから、束縛や依存はしないようにして、
  楽しい人生を歩むようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6