トップへ戻る

男性は女性を養う気などない

男性は女性を養う気などない

男性は女性を養う気などない

  近年の男性は、『女性を養う』という考え方を持っていないのです(2013年現在)
  男女が平等になったため、『それならば全てにおいて平等』と捉える男性が多く、
  たとえ結婚するにしても、『俺が養ってやる』などという考え方は、持たないものです。

  女性の中には、『男女は平等であっても、経済的な部分では男性が女性に優しくするべき』
  といまだに考えている人が多いですよね。

  例えば、『食事代やデート代を平等という意味で完全割り勘にすること』これは当たり前のことでしょう?
  しかしながら女性の中には、『こんな男では情けない』とうったえる人も多いものです。

  男性としては、『奢る理由などない』『多く負担する理由などない』と感じていますし、
  そもそも、平等ならば、『経済的な部分でのみ男性が負担する』っておかしな発想でしょう。

  これは、女性の勝手な都合です。
  『女性にとって不利な部分では平等にしろ』『男尊女卑で都合がよかった部分はそのままにしろ』これを、
  表現を変えて言っているだけであり、
  それをしない男は『小さい男』とか『情けない男』という訳で、男性としては不快極まりない行為なのです。

  ならば、例えば男性が『奢ってやるから初日に肉体関係を持つようにするべき』と提案したら、
  女性は反発するでしょう?

  しかし男性としては、平等な社会において奢るなり多く支払うのならば、それなりの見返りが欲しいのです。
  ですので、『奢る=肉体関係が約束される』などのようにならなければ男性は納得いかず、
  それが、昨今の男性の恋愛離れや『結婚に興味を無くす』という現状に繋がっているのです。

  つまり、時代が平等になったにも関わらず、女性は相変わらず上からであり自分の都合ばかりを述べるから、
  男性は女性に愛想を尽かしたということです。


  ですので、今からでも男性に気に入ってもらうなり、結婚の対象になるためには、
  まずは『男は女を養うべき』という考え方を変えて、
  『自分のことは自分でする』という当然の考えを身に着けていくことが、女として生き残るためには重要になります。


  近年の男性は、少なくとも日本の女性に呆れているのです。
  『日本の女性はいつでも自分の都合ばかり』これが男性の見解ですから、
  男性としては魅力を感じませんし、そんな女性を養う気などありません。

  そもそも、今後『男が女を養う』こんなことは昔話になりますので、自分の力で生活できる女性になりましょう。
  能力のない女性は男性から相手にされません。

  女性が男性に能力を求めてきたように、男性も女性に能力を求めるようになります。
  『能力と美しさ』これが大切ですので、それを身に着けて、人生の勝者になりましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6