トップへ戻る

別れる際のルールとは

別れる際のルールとは

別れる際のルールとは

  別れる際には『自分の決断を変えない』というルールがあります。
  別れ際って、相手は別れたくないことが前提であることが多いですから、
  様々手段を使って繋ぎ止めようとしてくる訳です。

  例えば『今別れることはお互いにとって良い選択ではない』『もう少しだけ時間をくれ』
  『今は色々大変な時期だから、落ち着くまで一緒にいてくれないか』などのように、
  とにかく都合の良い言葉を並べるだけ並べて、
  言いくるめようとしてくるのが、恋愛というものです。

  ですが、自分が一度『別れたい』と思ったのならば、
  その意志は何があっても変える必要などないでしょう。

  まして、苦痛を感じながら付き合い続けたり、好きでもない相手と一緒にいることを続けるのならば、
  それは時間の無駄ですよね?

  だからこそ、一度自分が決めた決断って、絶対に正しいものですから、
  何を言われても変えてはならないのです。

  相手が色々言ってくる言葉の中には、
  あたかも『お前のためだ』と受け止められるようなこともあるはず。

  また、それなりのメリットを述べてきたり、
  理論的に『こういう理由で別れることは違うと思う。どうだ?』などのように言ってくる人もいます。

スポンサーリンク


  しかし、別れたいと思ったことに理屈など関係ないのです。
  また、理由を聞かれたとしても、それを伝える必要などありません。

  『とにかく別れるから』これだけで十分です。

  相手は自分の意志を変えようとしてくる愚かな者です。
  こっちがおかしいくらいに言ってくる異常者でもあります。

  ですので、そんな人間の言葉になど耳を貸さずに、別れる際には、自分の決断だけが正しいということを理解して、
  また、『一方的に決定事項だけを告げる』これを心掛けて、『別れる』という大仕事を成功させましょう。

  恋人が別れたいといった時に、繋ぎ止める人間ってダメ人間なんです。
  恋人のことが好きな訳ではなく、自分の気持ちが大切だからこそ繋ぎ止めるのです。
  要するに、恋人の気持ちを無視した行為なのです。

  本当に恋人のことが好きならば『もう自分のことは好きではないんだな』と感じ取り、
  諦めるのが普通でしょうし、素直に聞き入れて、円満解決するのが大人の別れ方です。

  にも関わらずそれができずにあの手この手で繋ぎとめてしまうということは、人間的に歪んでいる証拠。
  ですので、別れ話を言った際にそれを否定するような恋人ならば、
  むしろ魅力のない人間であり別れて正解な相手ですから、
  何を言われようが別れるようにして、自分の人生を守るようにしましょう。


  好きならば相手の幸せを願ってくれるはずです。
  『自分と別れることが相手にとって幸せ』このように受け止めれば、
  『別れたい』と言われたら、素直に受け入れるでしょう。

  『別れ際にどんな対応をするか』これって一つのポイントですから、
  『窮屈だな』と感じたら、一度別れを提案して、相手の真意を探ってみることも一つの選択です。

  繋ぎ止める人間ならばアウト、素直に受け入れるのならばアリ、
  このように判断できますので、我慢はしないようにしましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6