トップへ戻る

メールで伝えるのはどこまでがOK?

メールで伝えるのはどこまでがOK?

メールで伝えるのはどこまでがOK?

  『メールで伝えるのはどこまでがOKか?』これって難しいところですよね。
  普通に考えれば、『メールでは言えないこと』こんなことはありませんよね?

  メールは文章ですから、むしろ会話よりも伝わりやすいですし、
  重要なことであってもNGなことなどないはず。

  にも関わらず、『これはメールで伝えるべきではないな』と心理的に思ってしまうことは多々あるはず。
  その中の一つが『告白や別れ話』ではないでしょうか。

  告白の場合、『メールだと気持ちが伝わりづらい』と考えるため、できるだけ直接伝えることが多いでしょう。
  しかし、別れ話の場合、状況にもよりますが、
  『これで最後』ということもあり、ほぼ事務的でも良いことが殆どでしょう。

  もちろん、『今日で終わりにします、それでは』などのように、愛想が無さ過ぎると後々問題になりますが、
  告白とは違って気持ちを伝える必要がないため、文章で十分なのです。

  むしろ、直接伝えることによって相手に言いくるめられてしまったり、
  その場では解決しなかったりすることなどが別れ話の面倒なところですから、
  別れ話というのは、今後はメールで伝えることが得策とも考えられるのです。

  『メールで伝えるのはどこまでがOKか』これには制限はないでしょう。
  自分の都合によって、『メール』『電話』『直接』これを使い分ければいいのです。

  『こうでなければならない』などというルールはありませんので、
  その状況で、自分にとって何が最も都合がよいかを常に考えて、最善の策を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク


  【メールを送る際の注意点】
  メールというのは、『完全に自分のペースで送れるもの』と捉えられがちなものですが、
  実際にはそうではありません。
  内容こそ自分の都合・自分のペースで良いのですが、送るタイミングなどには十分な配慮が必要です。

  例えば、『メールの返信速度』これによって、その人が脈アリかどうかを判断するのはよくあることですよね。
  少なくともその日のうちには返信する人ならば脈アリ、
  2日〜3日後に返ってくるようならばどうでもいいと思われている、などのように。
  送るタイミングって重要なのです。

  ですので、『普段はゆっくりでなかなか返信しない』という人でも、その相手が大切な人ならば、
  その日のうちには返信するか、または翌朝返すなりがマナーとなります。
  これができないと、相手の興味もなくなってしまいますので注意しましょう。

  また、送る時間も重要です。人によっては、深夜にメールを送ってくる人っていませんか?
  朝メールを確認したら、『深夜2時とかに受信していた』こういうのを見ると、
  ちょっと『非常識な人だな』と感じてしまうことはないでしょうか。

  例えば、受け手が『メールの受信音も最大にしている』という人ならば、
  それによって起きてしまうこともありますよね。

  このような配慮ができるかどうかによって人間性が問われる部分がありますから、
  メールを送る際には『相手への気遣い』これも重要なのです。


  相手が恋人じゃないなら、『土日はメールを送らない』とか、これも重要ですよね。
  休日は大切な用事があるかもしれませんから、当然そちらが優先になります。

  『メールで伝えること』これに制限はありませんが、それは配慮あってのことです。
  常識的な行動を心掛けた上で、自分の都合でメールを送りましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6