トップへ戻る

女は特別と思うことはNG

女は特別と思うことはNG

女は特別と思うことはNG

  『女は特別だ』このように思っている女性も少なくないですよね。
  これってNGな発想です。

  男女は平等のはずなのに、恋愛となると、
  なぜか『男は女に優しくするべき』『女は男にしてもらうべき』
  これが常識くらいに考えている女性がいるでしょう。
  このような考え方が通っていたのは、一昔前の話なのです(2013年現在)

  『女は特別だ』これって弱い考え方ですし、また上からでもありますよね。
  つまり、『男性から求められることを前提とした考え方』。

  要するにこのような考え方の女性が言いたいことは、
  『恋愛をする際には男が積極的になるように』こういうことなのです。

  しかし、男女が平等になった現在では、『男が積極的になるように』こんなことはあり得ませんし、
  そんな考え方の女性はダメです。

  むしろ、現在では恋愛や結婚に興味がないという男性が多いものです。
  一方で女性は相変わらず結婚を望むもの。

  従って、このような現状を考えれば、恋愛に積極的になるべきは、
  『女性の方である』と考えなければなりません。

スポンサーリンク


  【対等と平等を理解すること】
  まず女性が理解しなければならないことは、男女は対等であり平等だということです。
  これって、女性が望んでいたことではないでしょうか?

  『働く環境では平等で、恋愛においては男性にリードして欲しい』こんな甘い考えは通用しませんし、
  実際に、現状男性は変わってきているでしょう。

  女性が男女平等を訴えるのならば、男性はそれを受け入れる。
  ならば、恋愛において男性がリードすることはおかしいのではないか?
  男性はこのように感じているのです。

  だからこそ、近年の男性はデート代に関しても『奢る』ということに違和感を持っています。
  一昔前の場合には、男女が平等ではなかったからこそ奢るという考えがありましたが、
  『平等ならば奢る必要はない』これが男性の考えです。
  ですので女性も、それを受け入れて、本当の意味での平等を理解しましょう。


  女性は既に特別ではありません。
  未だに『女は特別だ』『特別扱いされるべき』こんな考え方を持っていたら、
  売れ残るだけですし、誰も相手にしてくれません。

  恋愛や結婚がしたいのならば、この時代に相応しい、真面な考え方を身に着けるべきです。
  男性と対等になれる女性しか、今後は相手にされませんし、
  それは女性にとっても『見下されていない』という意味で良いことです。
  変化を受け入れて、新しい時代の恋愛を楽しみましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6