トップへ戻る

女性に求められる貞操観念とは

女性に求められる貞操観念とは

女性に求められる貞操観念とは

  『貞操観念』男性は女性にこれを求めますよね。
  女性の中には『そんなことを言う男は小さい男』と考える人もいるのではないでしょうか?

  確かに、男性経験が豊富な女性からすれば、男性が女性に貞操観念を求めることって迷惑なことでしょう。
  しかし、男性が女性に貞操観念を求めること、これって、女性が男性に経済力を求めることと同じなのです。

  このように考えれば、『仕方のないこと』と納得できませんか?
  ですので、『貞操観念とは何か』これを理解して、選ばれる女性になりましょう。

  まず、男性が言う貞操観念の有無とは、『経験人数』ではありません。
  とはいえ、経験人数があまりに多すぎる女性だと、男性は引いてしまいますし、
  貞操観念がないと判断されてしまうことも仕方ありません。

  男性も『収入が少ないこと』って結婚するまで隠す人は隠しますよね?
  結婚して夫婦としての生活が始まって、実際に一緒に暮らしてみて始めて相手の収入が分かる。
  こんな女性も多いはず。

  ですので、あまりに男性経験が豊富過ぎる女性は、敢えて正直に話す必要などありませんから、
  墓場まで持って行くなり、それが心苦しいのならば、十分にタイミングを考えてから打ち明けましょう。

  とはいえ、『経験人数が多すぎる』というのは、本当に多すぎる場合ですから、
  一般的な数字ならば問題ありません。

  ですので、一般的な数字からかけ離れて多いと感じる時にのみ対策を考えて、
  それ以外の場合には、素直に打ち明けて問題ないでしょう。

スポンサーリンク


  こんな前提がある中で、『貞操観念と経験人数は関係ない』とはどういうことか、
  これは、『貞操観念とは女性の考え方の問題』ということだからです。

  『恋愛に対する考え方』これが重要であり、それさえしっかりしていれば、
  『何人と付き合った』とかそういう人数ってあまり関係ないのです。

  例えば、『過去に10人と交際をした』という女性でも、その交際パターンによって有無が決まります。
  10人全てが真剣交際で、重なった期間は一つもないという女性。
  このような女性ならば『しっかりした女性』となります。

  つまり、『普通に恋愛をしてきた女性』というだけのことですから、
  過去に10人と交際したからといって『ナシ』と判断されることはないのです。

  一方、10人は全て真剣交際だが、同時進行をした男性も複数して、
  さらには、遊びで関係を持った男性がその10人以外に何人もいる。
  こんな女性は、当然『貞操観念ナシ』となります。

  要するに貞操観念って、
  『一人の男を真剣に愛せるか』『その一人を愛している期間、他の男など見えなくなるか』ということです。


  他が見えなくなって、
  他の男と関係を持つことなど道徳違反なこととしっかり受け止められる女性が『アリ』な女性であり、
  そうではなく、一人と交際をしていても他が見えてしまい、
  『いいな』と思ったらそちらにも手を出してしまい同時に進行したり、
  いわゆる『誰とでも関係を持ってしまう女』こんな女は、当然『ナシ』と判断されます。

  ですので、ある意味では過去の恋愛はあまり関係ないのです。
  例えば、過去には同時進行もしたし、浮気もしたという女性でも、
  『現在の彼氏はとても大切で、その彼氏しか見えない』こんな状態ならば『貞操観念アリ』となります。

  『一途な状態で他を受け付けない』このような女性になれていれば、
  それは男性が求める女性として理想の形ですから、
  恋愛をするのならば一途を心掛けて、ゴールできる女性になりましょう。


  女性としては『一途になれないのは男のせい』と考えるのでしょう。
  しかし、男性に言わせればそこが女の弱さです。

  『彼氏に不安を感じた時に、他の男に頼ってしまう』これを、男性は『最も貞操観念がない行為』と見なします。
  普通に考えれば、このような女性と結婚ってあり得ませんよね?
  結婚後も、『不安になると他の男に頼る女』こんな女性がパートナーではさすがにやっていられないでしょう。

  不安になっても、他の男に頼らない女性もたくさんいますから、
  頼ってしまう女性ってどうしても余ります。

  そういう部分での弱さを改善しない限り、
  いつまで経っても『真剣に付き合いたい女』『結婚したい女』にはなれませんので、
  浮気以外の不安解消法を見つけて、強さを身に着けましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6