トップへ戻る

年相応の女性になること

年相応の女性になること

年相応の女性になること

  年相応の女性になることって簡単ではないと思いますが、誰にでもできることって外見なのです。
  つまりは、服装やメイクということになります。

  年相応の女性になることは、女性としてステップアップするためにも大切ですから、
  これは避けるべきではありません。

  ですが、年相応には拘らず、『私はいつまでも若くいたい』このような女性も当然いるとは思いますが、
  そんな若作りした姿が似合っていると思えるのは本人だけで、
  周囲はどう見ても『気味が悪い』『何あれ?』と感じてしまうもの。

  『何歳になっても若くいたい』これは誰でも持つ感情ですが、
  人間は年齢とともに大人になる必要があります。
  そうなれなかった人は、社会から取り残されるようになっているのがこの社会の仕組みなのです。

  ですので、年相応の女性になることから逃げないで、
  また、自分が変身することも受け入れて、大人になることの楽しさや重要性を理解しましょう。

  『年相応の女性になるためには服装やメイク』と書きましたが、男性でも女性でも、
  服装次第で大人にも子供にも見えますよね。

  例えばある男性が、スーツを着ているのか、
  それともトレーナーを着ているのかでかなり印象が違うとは思いませんか?

  スーツというのは大人ファッションの代表ですから、
  それを着ていれば誰がどう見ても大人に見えるでしょうし、また本人の自覚も変わります。

  一方トレーナーの場合、年齢制限こそありませんが、『ラフな服装』であることから、子供っぽくもなります。
  また、『仕事着ではない』ということもあり、引き締まった印象も持たれないでしょう。

スポンサーリンク


  このように、服装というのは相手に与える印象が非常に大きく、
  また『服装と顔がマッチしているか』というのが、年相応には重要なのです。


  例えば、40歳代以上の女性が、茶髪にギャルメイクにしてデニムのミニスカートを穿いていたら、
  かなり強烈な印象になります。

  後ろからや遠くから見た場合には、『若い女性』という印象がありますし、
  その服装だと、誰がどう見ても、10歳代〜20歳代前半を想像するからです。

  このような勘違い女性は、男性からは気味悪がられますが、
  女性からも避けられる傾向にあるのではないでしょうか?
  ですので、『年齢とともに外見も変化させる』これは重要ですので、理解して受け入れていきましょう。


  例えば、20歳の女性ならばヒラヒラのミニスカートが似合いますが、
  30歳の女性がそれを穿いたらどんな美人でもきついものです。

  脚を出すというのは有効な手段ですが、それなりの年齢になったのならば、
  見せ方というのは熟知していなければなりません。

  若い女性ならば、とにかく露出すれば何でも評価されます。それが若いということなのです。
  しかし、若くないのならば、より魅力的に見せることを知っていることが大切なのです。
  それが年相応の女性です。

  30歳・40歳になってもヒラヒラのミニスカートを穿いているようならば、それはむしろ見せ方を知らない女。
  その年になっても、まだまだ女として未熟だと公言してしまっている恥ずかしい女です。

  そうならないためにも、年齢とともに年相応になれるように経験を重ね、『いい女だ』と周囲から思われるように、
  自分を研究していきましょう。

サブカテゴリー


恋愛上手になる方法 恋愛上手になる方法2 恋愛上手になる方法3 恋愛上手になる方法4 恋愛上手になる方法5 恋愛上手になる方法6